« 続・栗はドングリ | トップページ | 梅の天日干し:初日(2015年版) »

2015年7月30日 (木)

緑色のシンジュの種

シンジュも札幌の落葉広葉樹のひとつです。日本各地で見られる広葉樹ですが、ニワウルシ(庭漆)やシンジュ(神樹)と呼ばれています。原産地は中国だそうです。

初秋から次の春まで、緩やかに風の流れる日も雪の降る日も、種がその形状から竹トンボの飛翔力を持っているので、ほとんどすべての場所に飛び込んできます。ベランダなどは毎日のように掃いても「いたちごっこ」です。写真は昨年の秋の飛び込み量の少ない日の様子ですが、竹トンボの多い日だと、配偶者の「業務報告」におつきあいする時間も長くなります。

P2 _tm

繁殖力が非常に強いという報告もあり、いかにもそういう風情の樹ですが、種を膨大にばらまいている割には、少なくとも街中では樹の数は増えていないようです。

次の写真は、この前の週末の近所のシンジュの様子。緑色の種が透けて写ってきれいですが、ともかく数が多い。そのうち、これが淡い茶色になり、時間差をつけてどんどんと翔びたっていきます。

__a

人気ブログランキングへ

|

« 続・栗はドングリ | トップページ | 梅の天日干し:初日(2015年版) »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/60923637

この記事へのトラックバック一覧です: 緑色のシンジュの種:

« 続・栗はドングリ | トップページ | 梅の天日干し:初日(2015年版) »