« 梅の天日干し:初日(2015年版) | トップページ | 梅の天日干し:五日目(最終日)(2015年版)と、赤梅酢 »

2015年8月 3日 (月)

梅の天日干し:三日目と四日目(2015年版)

梅の天日干し:初日(2015年版)」の続きです。

下の写真は、天日干し三日目(三回目)早朝の梅の様子です。天気は薄曇りでした。

左側が最初から赤紫蘇でゆっくりと色づけしたもの。日の丸弁当向きの濃い赤です。右側が、あとから、赤梅酢(と、使用済みの赤紫蘇)で色づけしたものの中でも色合いのいいもの。市販の梅干しは右側の赤か、それよりも淡い赤が多いので、右側の赤の方が好みという方もいらっしゃるかもしれません。

Photo Photo_2

天日を早朝から早めの午後までゆっくりと浴びてもらい、夕方から翌早朝までは赤梅酢と赤紫蘇のプールの中で静かに休息してもらうというサイクルを複数回繰り返すと、天日干しの段階から赤梅酢で色をつけ始めても何とかなるようです。

事情により、天日干し二日目(二回目)と三日目(三回目)を連続させられなかったのですが、それが色付けのためにはかえって好都合でした。赤梅酢に、最初から赤紫蘇を使った方の容器から赤紫蘇を借りてきて加え、そのなかで寝かせておいたら、思った以上に色合いがよくなりました。

梅干し作りにはそれなりの工数と気遣いが必要です。しかし、その工数と気遣いのおかげで、だんだんと「それらしく」なってくるのを見るのは嬉しいものです。

◇ ◇ ◇

次の写真は四日目の晴れた朝の梅の様子です。

平かごで天日干しの最中ですが、写真の右側11~12列が最初から赤紫蘇で染めたもの、白いご飯とよく似合う赤です。写真の左側5~6列が、あとから赤梅酢(と使用済みの赤紫蘇)で色付けした梅の中でも色合いの薄い連中。繰り返し作業の結果、まあまあの赤になってきました。

C_b_561112

ここまでくると、全部の梅を日の丸弁当にふさわしい赤にしたいので、もう一日、同じ作業を繰り返すかもしれません。

□□

有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。自然の恵みをうけて育った野菜や果物をお届け。 素材本来の味を食卓に。まずは安心食材を試してみませんか?

人気ブログランキングへ

|

« 梅の天日干し:初日(2015年版) | トップページ | 梅の天日干し:五日目(最終日)(2015年版)と、赤梅酢 »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/60969334

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の天日干し:三日目と四日目(2015年版):

« 梅の天日干し:初日(2015年版) | トップページ | 梅の天日干し:五日目(最終日)(2015年版)と、赤梅酢 »