« 見ていて飽きない奈良漬けの内容表示ラベル | トップページ | 包丁を研ぐ »

2015年8月31日 (月)

朝採りよりも、夕方採り

野菜は、光合成が終わったあとの夕方が一日のうちでいちばん元気で、だからいちばんおいしい。

プロの農家は、道の駅で直販するにせよ、小売りチェーンに売るにせよ、あるいはJAのような間接チャネルを使うにせよ、収穫後は第三者への流通というプロセスが待っています。だから夕方に収穫するのは、不可能ではないにしても、とても難しい。野菜にとっては残念ながら、東の空が白み始めるころが仕事の開始時刻となります。

アマチュアは、そういう制約がないので、夕方に採集した自家栽培野菜を晩ごはんに利用することができます。野菜を食べるということに関しては、いちばんの贅沢かもしれません。朝採りよりも夕方採りです。

写真は、前日の夕方に採った葉物野菜。その前の日にけっこうな量の大葉(青紫蘇)を食べたので、この日は大葉は控えめ。バジルと赤紫蘇とイタリアンパセリが中心です。わずかに大葉とルッコラ。ルッコラは、たまたま、我が家の三毛作の端境期で、大きくなったルッコラを楽しむにはあと一週間ほどかかります。

これらの葉物野菜を晩ごはんにサラダでムシャムシャと食べます。ポン酢をドレッシングにし、アクセントに柚子胡椒でも載せてやれば、油を使わない和風サラダです。ここに素材のベースとしてセロリが加われば、言うこと無し。

自宅で作った乳酸菌塔液を薄めたのを、早朝の水遣りのときに毎日のように撒布(さんぷ)しているので、バジルや青紫蘇や赤紫蘇のような紫蘇系の葉物野菜はとても活きがいい。しかし、ルッコラは乳酸菌がどうも苦手のようです。これは私的な生活の知恵。

Photo

人気ブログランキングへ

|

« 見ていて飽きない奈良漬けの内容表示ラベル | トップページ | 包丁を研ぐ »

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/61296666

この記事へのトラックバック一覧です: 朝採りよりも、夕方採り:

« 見ていて飽きない奈良漬けの内容表示ラベル | トップページ | 包丁を研ぐ »