« クランベリーとハスカップ | トップページ | たまには、ホームベーカリーで葡萄(ぶどう)パン »

2015年8月14日 (金)

北海道産の山椒の実

北海道では山椒は栽培できないと思っていました。もっと暖かい地域で栽培された「木の芽」をポットに土付きで売っていたのを、買ってきたことがあります。素焼きの鉢に植え替えて、木の芽(葉)を香り香辛料として料理に利用していたのですが、よくわからない理由で、そのうち元気がなくなってしまいました。

北海道でない土地(たとえば東京)での栽培経験からいえば、山椒はどんどんと新芽(木の芽)を増やし、山椒の木も大きくなり、そのうちアゲハ蝶が訪問してくるものなのですが、北海道で栽培しようとしたのは、新芽が増えず、木も大きくならない。硬い葉だけが残っている。申し訳ないけれどもゴミにしました。

そういう経緯があったので、山椒は北海道では生育できないと勝手に結論付けていました。実際には、北海道の南半分くらいでは山椒の木は生育可能だそうです。

お盆の週の意想外にごった返していた野菜売り場で、北海道産の実山椒(山椒の実)をみつけました。ちょうど塩漬けしてある実山椒の次のストックが欲しいと云うことと、北海道でも山椒が栽培できるらしいという発見がいっしょになって、その実山椒パックをいくつか購入しました。水煮をし、アクをとり、ガラス瓶に塩漬け保存しておくと、いつでも料理に使えます。まずは、ちりめん山椒にでもしてみますか。

以前のブログ記事などを読み返してみると、去年、京都産の実山椒を買ったのが6月上旬、今年、和歌山産の実山椒を購入したのが5月下旬、関西のどこかからやってきたに違いないポット入りの木の芽は、5月上旬に手に入れていました。「よくわからない理由で元気がなくなった」というのは、山椒の小さな木にとっては札幌の気温が低すぎたのかもしれません。今年は、7月に入るまでは結構寒い日が続きました。

     _
   札幌では、結局うまく育たなかった山椒(の木)

                               Photo
                   北海道産の実山椒
A

関連記事は「水煮・塩漬けにする実山椒の準備」。

□□

人気ブログランキングへ

|

« クランベリーとハスカップ | トップページ | たまには、ホームベーカリーで葡萄(ぶどう)パン »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/61136314

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道産の山椒の実:

« クランベリーとハスカップ | トップページ | たまには、ホームベーカリーで葡萄(ぶどう)パン »