« 都市生活者としてのカラスとスズメ | トップページ | 配偶者の「もったいないので」(その1) »

2015年10月 6日 (火)

10月上旬の日日草

淡いピンクと赤紫の日日草を買ったのは、6月下旬の花フェスタ(札幌中心部で開催される花と植物の展示即売会)です。確かひとつ150円でした。素焼きの小ぶりな鉢植えにそれぞれを植え替えて、それから3か月半経過しましたが、まだ元気に花を咲かせてくれます。

山頭火の椿は「傘にぽたり」ですが、日日草は、毎日、いくつかの花びらが音もなく地面に落ちて.います。しかし、新しいつぼみも同時に目に入ります。それほど冷え込まなければ、10月下旬までは楽しめそうです。

市役所の植え込みなどには、夏の間は日日草が長い列になって花を咲かせていましたが、秋の花ではないのですでに別の秋の花に置き換わっているかもしれません。我が家ではあと3週間くらいおつきあいするつもりです。

Photo

人気ブログランキングへ

|

« 都市生活者としてのカラスとスズメ | トップページ | 配偶者の「もったいないので」(その1) »

植物と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/61893794

この記事へのトラックバック一覧です: 10月上旬の日日草:

« 都市生活者としてのカラスとスズメ | トップページ | 配偶者の「もったいないので」(その1) »