« タクアン作りは大根の天日干しから | トップページ | ダイダイの果皮の混ぜ込みパンは大人の味 »

2015年10月21日 (水)

糠漬けに白ナス?

野菜売り場に並んでいるナスのあの色のことですが、茄子紺と呼ばれている紺から紫にかけての抑えた派手さ感じさせる色があります。そういう色の着物や洋服の美人を街中で見かけると得した気分になります。

ナスの糠(ぬか)漬けは、その鮮やかな茄子紺をきれいに出せるかどうかが主婦(ないし、各家庭の糠漬け担当者)の腕の見せどころですが、ナスは自分の周りの糠床を黒っぽく染めてしまうのでナス専用の糠漬け容器を用意していないと、ナスとたとえばダイコンの糠漬けを同時に毎日のように食べるといった朝の贅沢がむつかしくなってきます。

一つの漬物樽や漬物容器でナスの糠漬けとその他の野菜の糠漬けをいっしょに作るには、茄子紺のナスを諦めて、白い色のナスを使うというのも手段のひとつではあります。茄子紺のナスの好きな人にとっては想定外の妥協ですが。

で、配偶者と行った野菜売り場で、糠漬け実験のために「白ナス」を買ってきました。札幌近郊の西洋野菜やハーブが得意な農家が栽培したものです。茄子紺でないところのナスの糠漬けは、ナスの糠漬けとしてはたして成立するものかどうか。試してみます。

               A

□□

人気ブログランキングへ

|

« タクアン作りは大根の天日干しから | トップページ | ダイダイの果皮の混ぜ込みパンは大人の味 »

漬物と塩辛」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/62082864

この記事へのトラックバック一覧です: 糠漬けに白ナス?:

« タクアン作りは大根の天日干しから | トップページ | ダイダイの果皮の混ぜ込みパンは大人の味 »