« 10月上旬の日日草 | トップページ | 配偶者の「もったいないので」(その2) »

2015年10月 7日 (水)

配偶者の「もったいないので」(その1)

スーツやジャケットやコート、ズボンやスカートを季節の終わりにクリーニングに出した時には衣類が汚れ防止のための透明のビニールカバーやビニール袋に覆われて戻ってきます。季節のものをクロゼットに収納するときは、衣類の健康のために不織布の衣類カバーに取り替えるので、その透明ビニールカバーは要らなくなります。

ビニールカバーの端を縛り、内側から外側にひっくり返して(inside out) 形を整えるとペットボトルなどの軽い容器向けビニール袋が出来上がります。その袋に、空になったペットボトルを積めてごみ出し場にもって行きます。もって行くのは、ペットボトルに限りませんが、いつの頃からかぼくの役割です。

人気ブログランキングへ

|

« 10月上旬の日日草 | トップページ | 配偶者の「もったいないので」(その2) »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/61893850

この記事へのトラックバック一覧です: 配偶者の「もったいないので」(その1):

« 10月上旬の日日草 | トップページ | 配偶者の「もったいないので」(その2) »