« 糠漬けに白ナス? | トップページ | アグリカルチャとしての農業 »

2015年10月22日 (木)

ダイダイの果皮の混ぜ込みパンは大人の味

干し葡萄入りのパンはブドウパンと呼ばれています。干し葡萄の甘さが万人向きで、子供も大人も美味しくいただけます。

これ(写真)は干し葡萄の替わりに、細長く切ったダイダイ(橙)の果皮を固く煮詰めたのを細かく刻んで混ぜ込んだパンです。ダイダイの果皮の苦味が大人向きの味になりました。予想以上にすごみのある味です。今までホームベーカリーで焼いた混ぜ込みパンの中ではいちばんおいしい。わずかな甘さを含むところのこの苦味がたまらない。癖になります。

今年の1月に煮詰めたダイダイ果皮のストックはまだあるので、しばらくはこの苦味を堪能できます。小麦粉は「ハルユタカ」。天然酵母で膨らませます。

蛇足ですが、ダイダイの果汁はポン酢に使います。残った果皮を細長く切り、あまりべたべたしていないマーマレード風と云うかピール風と云うか、そういう感じにしたのが混ぜ込みパンに入ります。

Photo

□□

人気ブログランキングへ

|

« 糠漬けに白ナス? | トップページ | アグリカルチャとしての農業 »

米と麦」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/62087636

この記事へのトラックバック一覧です: ダイダイの果皮の混ぜ込みパンは大人の味:

« 糠漬けに白ナス? | トップページ | アグリカルチャとしての農業 »