« 「ソイ」という白身魚のうまい食べ方がわからない | トップページ | 最近の「湯たんぽ」を開発した人に感謝 »

2015年12月10日 (木)

新種の「はるきらり」で自家製ピザ

北海道は小麦の産地です。うどん、ラーメン、パン、菓子、それぞれの用途にさまざまな種類の小麦が作られています。新品種も次々と登場するので、あまり食べすぎるとなんですが、小麦粉好きにはたまらない。

よく立ち寄るお店で、近郊の農園の「はるきらり」という小麦粉が売られていました。「春」という名称がつくのは、北海道では春にまく種類の小麦です。有名な「ハルユタカ」やその後継の「春よ恋」など、どちらかというとパン用のものが多いです。「はるきらり」はふくらみがやや物足りませんが、でも、ぎりぎりパンが焼けます。そして、この「はるきらり」を使ってピザも焼けます。

生地はホームベーカリーのピザ生地コースにおまかせして、その間に地元産の調理用トマトで作り置きしてあったトマトソースをピザ向きの味にアレンジします。焼きたてを楽しいお皿にのせていただきます。(関連記事は「北海道の調理用トマトでソースを作る」。)

家庭用ピザのコストは、どんなレベルのチーズを使うかに左右されます。ゴーカケンランなチーズでゴーカケンランなピザも焼けるし、穏当な値段のチーズで穏当なレベルのピザも作れます。だから、ピザ屋さんのチーズがどの程度のものなのかは、ピザの値段からわりに簡単に類推できます。

      Alessi_31cm
直径31cmのピザ用のお皿。底が平らなのでピザがカッターでスパッと切れる。

人気ブログランキングへ

|

« 「ソイ」という白身魚のうまい食べ方がわからない | トップページ | 最近の「湯たんぽ」を開発した人に感謝 »

米と麦」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/62896039

この記事へのトラックバック一覧です: 新種の「はるきらり」で自家製ピザ:

« 「ソイ」という白身魚のうまい食べ方がわからない | トップページ | 最近の「湯たんぽ」を開発した人に感謝 »