« 最近の「湯たんぽ」を開発した人に感謝 | トップページ | 内部競合でより活性化してきた「ゆめぴりか」 »

2015年12月14日 (月)

伊達巻(だてまき)の優先順位

お正月が近づくとおせち料理などの製造現場もニュース番組で流れます。先日、伊達巻(だてまき)の手作りが専門のある業者の作業風景が紹介されていました。切り口が黄色い渦で、甘くて、フワフワしていて、広い年齢層に人気があるそうです。

我が家のお正月料理は手作りですが、ここ数年でその種類がだんだんと絞られてきました。配偶者とぼくが好きなもの以外は作らない(あるいは素材を買わない)。結果として残ったものは、一部を除いて、酒の肴になるものばかりです。来客にもこれで対応します。来客といっても、基本はお酒なので、この組み合わせで十分です。お腹がすいたら、お雑煮がある。

結果としてのこったものとは、祝い肴(黒豆・数の子・田作り)と酢の物と好みの煮物という順で、それらをなんとなく順番に並べていくと、

・黒豆、数の子、田作り、
・紅白なますと酢蓮根、たたきゴボウ、
・里芋と蓮根の煮しめ、こんにゃくの煮しめ、伊達巻。

それに、蒲鉾(かまぼこ)と慈姑(くわい)が加わります。慈姑(くわい)は、定番の煮物でもいいのですが、別途、焼いて食べる方が好きです(関連記事は「慈姑(くわい)は丸ごと焼いて食べるに限る」)。

さて、伊達巻の優先順位です。これがなかなかに難しい。作るのが難しいという意味ではなく、これをお正月料理の定番品とするのかどうかの判断が我が家では難しい。ぼくは伊達巻なんぞは無くてもかまわない。しかし、配偶者は伊達巻がないとお正月が成立しない。

で、甘くない伊達巻で二年ほど前に合意しました。我が家では、田作りも甘くないピリ辛味なので、伊達巻も甘くない伊達巻に落ち着いたわけです。伊達巻の甘味には味醂を少々使うだけです。

人気ブログランキングへ

|

« 最近の「湯たんぽ」を開発した人に感謝 | トップページ | 内部競合でより活性化してきた「ゆめぴりか」 »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/62901695

この記事へのトラックバック一覧です: 伊達巻(だてまき)の優先順位:

« 最近の「湯たんぽ」を開発した人に感謝 | トップページ | 内部競合でより活性化してきた「ゆめぴりか」 »