« 民法改正と消費者 | トップページ | 新種の「はるきらり」で自家製ピザ »

2015年12月 9日 (水)

「ソイ」という白身魚のうまい食べ方がわからない

「ソイ」は北海道限定の魚というのではありません。しかし、札幌の対面販売の魚売り場では、「ソイ」はヒラメやマツカワカレイと並んで白身魚の定番で、グレーやチャコールグレーの荒々しい(あるいは、きりっとした)風貌で横たわっています。

寿司ネタにも使われるので、「ソイは北国の値段の張らないタイ(鯛)」だともいえます。しかし、「ソイ」には申し訳ないのですが、「ソイはタイ」というのは褒め過ぎで、微妙な味わいには欠けるようです。有体に云えば、「ソイ」は「タイ」と「タラ」を足して二で割った感じの魚です。

タイやキンキ(キチジ)、キンメダイ、メヌケやアカムツなど、ピンクや紅い魚はなぜかおいしい。ハタ類の黒っぽくて巨大な魚に「クエ(あるいは、アラ)」という三重・高知・山口・北九州などで獲れる大型のハタ類の魚がいます。見かけは、おいしそうな魚からはほど遠いのですが、笑ってしまうくらいに旨い。だから、チャコールグレー系の魚が微細な旨味にかけるというわけではありません。

刺身にしても今ひとつ、和風の煮つけも今ひとつ、焼いても今ひとつ、何にしても今ひとつというのが、「ソイ」に対する今までの我が家の評価でした。どんな調理・どんな料理と合うのか、悩むところの多い魚です。でも、最近、まあまあ納得できる食べ方にたどり着きました。

「ソイ」には少々礼を失した食べ方になりますが、最近の我が家のお気に入りの料理は「南蛮漬け」および「トマトソース煮」です。なぜ失礼かというと、どちらの料理にせよ、ニンジンとタマネギを大量に投入します。だから、「ソイ」が主役というよりも、「ソイ」はニンジンとタマネギと酢(ないしはトマトソース)の組み合わせの引き立て役になってしまうからです。

今のところ、それ以外の納得できる食べ方は見つかっていません。

人気ブログランキングへ

|

« 民法改正と消費者 | トップページ | 新種の「はるきらり」で自家製ピザ »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/62860062

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソイ」という白身魚のうまい食べ方がわからない:

« 民法改正と消費者 | トップページ | 新種の「はるきらり」で自家製ピザ »