« 石炭・石油・天然ガスの可採年数予測が2003年から2015年の13年でどう変わったか | トップページ | 2015年度版の最初のタクアン »

2016年1月 8日 (金)

七日は七草粥

やっぱり七日は七草粥です。今年は、朝ではなく夜の七草粥でした。

西条市(愛媛県)からやってきた「七草パック」を配偶者が水洗いしていたので、料理にとりかかる前に割り込んで一枚。水の中では、葉などがシャキッと元気になって美しい。

          20160107

春の七草は、「せり・なずな・ごきょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」ですが、普段、僕たちに漬物や「おでん」でおなじみのものがあります。「すずな(カブ)」と「すずしろ(ダイコン)」です。

それから、忘れたら申し訳ないのが「なずな」。札幌はそうでもないのですが、都市部では原っぱがほとんどなくなりました。原っぱのあった頃にぼくたちにおなじみだったのは、一般にはペンペン草という名前で知られている「なずな」です。

お粥は少し固めに仕上げてもらいました。けっこうなお粥でした。

人気ブログランキングへ

|

« 石炭・石油・天然ガスの可採年数予測が2003年から2015年の13年でどう変わったか | トップページ | 2015年度版の最初のタクアン »

季節と時節」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/63364043

この記事へのトラックバック一覧です: 七日は七草粥:

« 石炭・石油・天然ガスの可採年数予測が2003年から2015年の13年でどう変わったか | トップページ | 2015年度版の最初のタクアン »