« 札幌の水道水と、ペットボトル入りのミネラルウォーター | トップページ | 金曜日の特売折り込みチラシと、金曜日の10%割引クーポン »

2016年1月25日 (月)

「群来(くき)」「雄冬(おふゆ)」「鰊御殿(にしんごてん)」挽歌

「石狩挽歌(ばんか)」という題名の歌謡曲があります。小樽など北海道の石狩地方で昔はとても盛んであった鰊(にしん)漁への挽歌です。「群来」「雄冬」「鰊御殿」という日本酒の製造元が経営不振により、昨年の終わりに実質的に消滅してしまいました。特定のブランドの日本酒への挽歌というのは大げさですが、「群来」「雄冬」「鰊御殿」は小樽で造られていた日本酒なので、その云い方で良し、とします。

ここ十年くらいは日本酒も吟醸と大吟醸の冷酒がトレンドで、燗向きの純米酒というのはほとんど見かけません。燗向きと銘打ってあるのはたいていは醸造アルコールが入っている。それはそれでひとつの考え方なのですが、ぼくには醸造アルコールを使った日本酒の嫌な記憶があるし、そういうタイプの日本酒はどこのどういう酒米を使っているのか不明な場合も多い。ひとつ試してみるかという気にはなりません。

北海道の酒米は歴史の長い方から順に「吟風 ぎんぷう」「彗星 すいせい」「きたしずく」の三種類です。自宅で夜の食事時に楽しむ「ぬる燗」には、「吟風」で造られた穏当な価格の純米酒(ときには、吟醸酒)が、最近は、いちばん気に入っていました。

「群来(くき)」は、その吟風で作った精米歩合が60%の純米酒、「雄冬(おふゆ)」は精米歩合が55%の吟醸酒、そして「鰊御殿(にしんごてん)」は50%の大吟醸です。それぞれを比較しながら味わってみましたが、最初からぬる燗の場合は「群来」です。冷やしたのをまず少々、そのあとぬる燗という段取りの場合は「雄冬」が向いています。

昨年の秋くらいで製造をやめてしまったのでしょう、手に入りにくくなっていました。それでもなんとか我が家の必要量を買えたのは、お世話になっている小売店が頑張って、残り少ない工場在庫や卸売在庫のうちのいくぶんかを少しずつ取り寄せたのだと思います。お気に入りの燗向きの地酒とその生産者が市場から消えてしまうのは、購買行為を通して個人的にはそれなりに応援したつもりなので残念ですが、しかたありません。

今は次の「ぬる燗」候補がまだ見つからない状態で、あせることもないのですが、何となく落ち着かない。

          Photo

人気ブログランキングへ

|

« 札幌の水道水と、ペットボトル入りのミネラルウォーター | トップページ | 金曜日の特売折り込みチラシと、金曜日の10%割引クーポン »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「群来(くき)」「雄冬(おふゆ)」「鰊御殿(にしんごてん)」挽歌:

« 札幌の水道水と、ペットボトル入りのミネラルウォーター | トップページ | 金曜日の特売折り込みチラシと、金曜日の10%割引クーポン »