« 米麹(こめこうじ)雑感 | トップページ | 今年も少しは手前味噌 »

2016年3月 2日 (水)

土付き野菜は人気がない、そして、そのひとつとしてのヤーコン

土のついた野菜はどうも人気がありません。だから、スーパーやデパ地下やコンビニの野菜売りに並んでいるのは、ゴボウも大根もニンジンもレンコンもサツマイモも、それぞれきれいに洗ってあります(あるいは、土がついていない状態になっています)。

しかし、土付き野菜がデフォになっている流通チャネルもあります。土がついたまま販売されている土付き野菜(といってもたいていは根菜類ですが)を思いつくままに書いてみると、ゴボウ、大根、ニンジン、ジャガイモ、里芋、それからヤーコンなどがあります。

土付き野菜を水洗いしようとすると、「(亀の子)たわし」がないと埒(らち)があきませんが、「たわし」を常備している家庭は、ぼくの知っている範囲では、主婦や世帯主の年齢に関係なく少ないようです。

ヤーコンはフラクトオリゴ糖やポリフェノール豊富な健康食品でもあるのですが、今ひとつ人気が出ない。ぼくも食わず嫌いだった頃を思い出して、その理由を調べてみると、

・日本での歴史が浅いのでなじみがない。日本に初めて導入されたのは1984年。北海道でも本格的に栽培が開始されたのは平成になってからです。だから、そもそも知名度が低い

・見た目がパッとしない。色も形もとても地味で野菜売り場で目立つ根菜類ではない

・土付き状態でないと傷んでしまう。しかし、土付き野菜は家庭では敬遠される

・薄切りにするとナシや大根のように瑞々しいのだが、ヤーコンに豊富に含まれるポリフェノール(つまり、アク)のせいで切ったあとすぐに黒くなる

・見かけは茶色いサツマイモだが、ヤーコンのおいしい調理方法(サラダ、ジュース、酢のもの、キンピラ、ケンチン汁など)は、サツマイモとはずいぶんと違う。「なんだこいつは、見かけ倒しだな」

ということになりそうです。

しかし、「亀の子たわし」が常備品であるところの我が家では、ヤーコンがお気に入りなので、細々と応援を続けるつもりです。こういうのを「食べて応援」と云います。

__btm 新しいタイプの「亀の子たわし」

2ea_a ヤーコン

人気ブログランキングへ

|

« 米麹(こめこうじ)雑感 | トップページ | 今年も少しは手前味噌 »

イモ類」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/64191260

この記事へのトラックバック一覧です: 土付き野菜は人気がない、そして、そのひとつとしてのヤーコン:

« 米麹(こめこうじ)雑感 | トップページ | 今年も少しは手前味噌 »