« 今年も少しは手前味噌 | トップページ | 4回目のタクアンの取出し »

2016年3月 4日 (金)

たまには、市販の味噌

いつも手前味噌なので、気まぐれでも起こさない限り、市販のものは買いません。去年は二回、気まぐれを起こしました。

一度目は、北海道の十勝で作られた麦味噌に出合ったときです。大麦の麹(こうじ)を使ったいわゆる麦味噌には麦麹独特の味わいがあります。しかし、この、大豆の産地であるところの十勝で作られた麦味噌は大麦の麹ではなく、北海道らしさがいっぱいとでも云えばいいのか、小麦の麹を使った麦味噌です。

札幌市民向けの、北海道の農産物の大きな即売会風イベントが昨秋にあり、そこで小麦麹の麦味噌に遭遇しました。売り手のオヤジさんが作り手なので、麦味噌について、しばし雑談。それからその麦味噌を試食させてもらったあとで少量(1kgパックを2個)を購入しました。この麦味噌はまだ冷蔵庫に保管してありますが、まもなく使います。

二度目の気まぐれは、函館の北の方に位置する小さな町の味噌屋さんの小ぶりな木樽入りの米味噌を、北海道の加工食品のプロモーションイベントで見つけた時です。プロモーションイベントとは、北海道の加工食品業者と首都圏や関西圏の流通業者とのマッチングイベントで、配偶者とぼくはたまたま北海道フードマイスターの資格でそこに参加していました。

ブースで説明をしていた知識の豊富な若い女性担当者との会話が楽しかったのと、木樽というパッケージが気に入ったので、翌日その味噌屋さんに電話して、木樽入り(3kg)を購入しました。一年物だったしすぐに食べるつもりもないので、甕で熟成中の手前味噌の隣で静かに寝かせてあります。二年物になったあたりで封を切ってみるつもりです。

人気ブログランキングへ

|

« 今年も少しは手前味噌 | トップページ | 4回目のタクアンの取出し »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/64252916

この記事へのトラックバック一覧です: たまには、市販の味噌:

« 今年も少しは手前味噌 | トップページ | 4回目のタクアンの取出し »