« 「そうだったのか!TPP」というタイトルの小冊子 | トップページ | 続・焼きたてのパンの景色 »

2016年4月14日 (木)

黒胡麻(ゴマ)を炒(い)る

胡麻(ゴマ)を炒(い)っている時のいい香りが台所から漂ってきました。香りに誘われて近づいていくと、配偶者が鹿児島の黒胡麻を炒っています。

最近は炒りゴマが多いので、自宅で胡麻を炒るという作業が一般の家庭ではほとんどなくなったようです。わが家も例外ではありません。専用の胡麻炒り器はありません。配偶者は厚手のフライパンを代用していました。

朝ごはんのときに、炊きたてご飯に炒り胡麻をふりかけたのを口にすると、それだけでもけっこう幸せな気分になります。

A

胡麻の自給率は、大豆やトウモロコシと比べても極端に低くて、0.06%です。少し古いデータですが(新しい国内生産実績がどうも見あたらない)、胡麻の国内生産量は96トン(農水省「特産農産物・生産実績」、2007年)、対応する年の輸入量は16万6000トン(財務省貿易統計、2007年)。輸入量は増えているので現在の自給率は0.06%以下ということになります。

世界の胡麻生産量は350万トン。胡麻の上位生産国はインド、ミャンマー、中国、スーダン、エチオピア。日本や中国や韓国は胡麻油や練り胡麻、粒胡麻など胡麻好きですが、トルコやシリア、レバノン、チュニジアなど中近東や地中海沿岸諸国も胡麻ペースト、胡麻ソースが大好きみたいです。「開けゴマ」といういささかなつかしい呪文・おまじないの生まれ故郷が昔のアラビアだとすると、その近隣諸国が胡麻好きなのは当然かもしれません。

関連記事は「国産の胡麻(ごま)」。

人気ブログランキングへ

|

« 「そうだったのか!TPP」というタイトルの小冊子 | トップページ | 続・焼きたてのパンの景色 »

雑穀」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/64957536

この記事へのトラックバック一覧です: 黒胡麻(ゴマ)を炒(い)る:

« 「そうだったのか!TPP」というタイトルの小冊子 | トップページ | 続・焼きたてのパンの景色 »