« 非常用リュックと水と餅と寝袋 | トップページ | 明るい口調で「体力が尽きるか、材料が尽きるか」 »

2016年4月19日 (火)

打者のヘルメットと、投手の投球テンポと、ビール

プロ野球の話です。ヘルメットをいつもぴかぴかに磨き上げている打者もいれば、シーズン開始直後はきれいだったのがそのうち手垢や汚れでくすんできてほとんどマット仕上げ風になったのをかぶっている選手もいます。バットやグローブの手入れには余念がないのに、ヘルメットだけはマット仕上げと云う打者もわりに見かけます。

ヘルメットの磨き具合で、たとえば、その選手の部屋がどのようであるか、余計なモノがなくすっきりと整頓されているのか、あるいはごちゃごちゃとモノが多くて混乱の極みなのかは簡単に想像がつきます。打者の場合、ヘルメットのきれいさと打撃成績全般が比例しているとわかり易いのですが、必ずしもそうではないようです。両者の間にどういう相関関係があるのか、実際のところはよくわからない。

一方、投手の投球テンポというのと、その投手の投手成績は相当な相関があるようです。球場のスタンドにいても、テレビの前でも、投球テンポの悪い投手は見ていて楽しくないし、腹が立ってくる(べつに腹を立てる必要もないのですが)。

簡単に三振を取ったかと思うと、四球を出す。ストライク2つのあとでボールを3つ続ける。得意のストレートで思ったようにきれいなストライクが取れないのでムキになる。テレビ画面だとその表情がよくわかる。ムキになると、本人は剛速球と思っているところの、スピードガン表示だけは大きな数字で打者に向かっていくボールを投げてしまう。するとボールは小気味よくセンター前や外野フェンスまで弾き返される。フォークボールを投げると、ボールはベースのずいぶんと手前で打者に当たりそうになりながらバックネットまで到達する。

そういうような場合、多数の観客のひとりであるにすぎないぼくでさえ、テンポの悪さにイライラしてくるのだから、守備に就いている野手は心底うんざりしているに違いない。うんざりしていると打球への半歩が遅れるし、試合中のモチベーションも下がってくる。打率も下がる。ぼくのようなスタンドの観客は余計なもう一杯のビールで酔っぱらってしまう。だから、結果としてそのチームがそのゲームに勝ったとしても、そういう投手には勝ちがつかない方がいい。

プロ野球のシーズンになりました。そんなことを考えながら野球を楽しんでいます。プロ野球のファンと云うのは(野球に限りませんが)、けっこう勝手なことを云うものです。

人気ブログランキングへ

|

« 非常用リュックと水と餅と寝袋 | トップページ | 明るい口調で「体力が尽きるか、材料が尽きるか」 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/65040496

この記事へのトラックバック一覧です: 打者のヘルメットと、投手の投球テンポと、ビール:

« 非常用リュックと水と餅と寝袋 | トップページ | 明るい口調で「体力が尽きるか、材料が尽きるか」 »