« 北海道大学植物園の入園に際しての「注意事項」は面白い | トップページ | 週末や休日の簡単お昼ご飯 »

2016年5月 2日 (月)

毎朝おいしい朝ごはん、ぜんぜん飽きない朝ごはん

朝ごはんは、漬け物に寒い季節のバージョンと暑い季節のバージョンの違いがあるだけで、年中ほぼ同じです。毎朝、おいしいと思います。平凡だけれども、飽きません。コメの生産地や銘柄は変える場合もあります。漬け物類や梅干し・佃煮などはそれぞれを季節に応じて少しずつ。以下はその平凡な朝ごはんの内訳です。

・玄米を三分搗(つ)きないし五分搗(つ)きにし、それを土鍋で炊きます。コメの銘柄や生産地・生産農家によって三分搗きが合っている場合と五分搗きが食味がいい場合とがあります。炊き上がったご飯はそれだけで十分においしいのですが、あつあつに鹿児島の黒胡麻をかけるとさらに味わい深くなります。(関連記事は「黒胡麻(ゴマ)を炒(い)る」。)

・汁物はケンチン汁、つまり食べる和風スープ。野菜をいっぱい食べるための汁物としてはケンチン汁がいちばん便利です。里芋やレンコンがない時期はゴボウやニンジンや大根やシイタケなどだけの簡易版か、あるいは新タマネギの味噌汁。北海道だとケンチンに近所で収穫されたユリ根を加えてもおいしい。ユリ根の白さが大きめの椀に映えます。

・味噌汁用の味噌は自家製の米味噌(つまり、手前味噌)で二年以上熟成させたもの。麦味噌の風味を楽しみたい場合は、地元の麦味噌とブレンドすることもあります。

・目玉焼き。鶏は、放し飼いか平飼いのもの。

・干しノリ。九州産の大判を買って、ハサミで食べやすい大きさにカットします。

・納豆。北海道産の大豆で作った地元の納豆が好みです。

・梅干は、和歌山の南高梅か龍神梅で作った自家製の梅干しで、二年物、ないしは一年半以上は寝かせたもの。市販のものはおいしくない。

_

・昆布のつくだ煮。昆布の原産地は当然北海道ですが、使うのは北陸を経由してきた干し昆布。干し昆布はやはり北陸です。

・タクアン、ないしは、シバ漬け。タクアンは、天日干しした大根を塩と麹で二か月以上漬け込んだものですが、独特の発酵の香りが食欲をそそります。冬から春にかけての定番です。噛むときのボリボリ食感がいい。シバ漬けは、茄子(ナス)を乳酸発酵させたところの夏バージョンです。色付けには自家栽培の赤紫蘇を使います。

2015_2_bu

・べったら漬け、ないしは、糠漬け。べったら漬けは、生の大根と甘酒で作ります。甘酒は白米と麹から。製作に数日から一週間必要ですが、地域限定型の秋冬春バージョンの漬物です。糠漬けは全国各地の定番です。キュウリやニンジンなどを、米糠を乳酸発酵させた糠床に、短時間漬け込むところの夏バージョンです。

・浅漬け。白菜が旬の季節は浅漬けも簡単でおいしい。

・それから、日本茶。

同じような朝ごはんを食べ続けて飽きないのは、紋切型に云えば、シンプルな朝ごはんの素材にひそかに含まれている生産者と素材加工業者による付加価値と、それから家庭内で追加された付加価値の総量が相当に多いからだと思います。つまり、料理前・調理前に、すでに、けっこうな手間ひまがかかっている。

所用や私用でどこかに泊まるような場合にも、他の点はさておいて、お替りしたくなるほど美味しい味噌汁と自家製の漬物、それから手作りのちりめん山椒などが、朝食時に当り前のように供される穏当な値段の宿泊施設に泊まりたいと考えています。しかし、なかなかに難しい。

人気ブログランキングへ

|

« 北海道大学植物園の入園に際しての「注意事項」は面白い | トップページ | 週末や休日の簡単お昼ご飯 »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

発酵」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/65211404

この記事へのトラックバック一覧です: 毎朝おいしい朝ごはん、ぜんぜん飽きない朝ごはん:

« 北海道大学植物園の入園に際しての「注意事項」は面白い | トップページ | 週末や休日の簡単お昼ご飯 »