« 青梅が到着したので、梅干し作りを開始(2016年版) | トップページ | 自家製コメ酵母を使った焼きたてパンの景色(続々々、あるいはその3) »

2016年6月14日 (火)

街路樹の緑の違いを楽しむ

近所の街路樹にはヤマモミジや桜(エゾヤマザクラ)、ハルニレやシンジュやナナカマド、ミズナラやクリやオニグルミなどがあります。落葉広葉樹です。新緑の季節には、樹によって葉の緑の色合いが違ってきます。それぞれの色彩や形状の個性を楽しめます。その例を下に二つ。

モミジは緑の葉も美しい。ハルニレは、北海道大学植物園でも本数の多い札幌の原生樹、ナナカマドは防災機能も持った樹木、シンジュは冬になっても竹トンボのような形の種を飛ばし続けるちょっと不思議な樹です。葉を愛でるのに飽きてドングリがほしくなった場合は、秋のミズナラやクリということになります。

H_24mm_f11
               ヤマモミジ

H_120mm_f11
                ハルニレ

人気ブログランキングへ

|

« 青梅が到着したので、梅干し作りを開始(2016年版) | トップページ | 自家製コメ酵母を使った焼きたてパンの景色(続々々、あるいはその3) »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/65942309

この記事へのトラックバック一覧です: 街路樹の緑の違いを楽しむ:

« 青梅が到着したので、梅干し作りを開始(2016年版) | トップページ | 自家製コメ酵母を使った焼きたてパンの景色(続々々、あるいはその3) »