« 実山椒の季節 | トップページ | 米国における遺伝子組み換え食品の状況、日本の状況 »

2016年6月 3日 (金)

リラ冷え

6月1日は雨の寒い日で、札幌では夜になると春物のジャケットだけでは寒くて仕方ない。所用先から自宅への帰り道はコートを羽織りたいくらいだったのですが、そうもいかない。速足で歩きます。帰ると居間には軽く暖房がかかっていました。

1日に限らす、6月に入って寒い日が続きます。北海道では、再び冬タイヤが必要な地域もあるらしい。気になるのは成長をはじめた葉物野菜のことです。ルッコラは元気なのでとくに気にしませんが、じっくり型のバジルや、もっとおっとりとしている赤紫蘇はが、いつしっかりとした本葉になるのか気になるところです。本葉の成長を確認してから、現在の彼らの寝床である土ポットをゆったりと根を伸ばせるタイプの鉢植えに移し替える予定です。

札幌には「花冷え」ではなく「リラ冷え」という言葉があります。リラ(ライラック)の咲く頃(つまり、今の時期)の寒さをたとえたものですが、それにしても暖かさに慣れつつある身には寒すぎる。葉物野菜の方が強いかもしれません。

__2 __3
       バジル               赤紫蘇
H
             白いリラ(ライラック)

人気ブログランキングへ

|

« 実山椒の季節 | トップページ | 米国における遺伝子組み換え食品の状況、日本の状況 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/65802986

この記事へのトラックバック一覧です: リラ冷え:

« 実山椒の季節 | トップページ | 米国における遺伝子組み換え食品の状況、日本の状況 »