« 自家製コメ酵母を使った焼きたてパンの景色(続々々、あるいはその3) | トップページ | 見上げたときの建物の連なりの美しさ »

2016年6月16日 (木)

早朝の楽しみ:ルッコラとバジルと赤紫蘇

夏用のジャケットでは寒い六月の毎日です。夜の帰り道など、その時だけは、冬用ジャケットが欲しくなります。短期の梅雨のような気候で陽射しも強くない。それでも彼らは成長しています。だから、土の湿り具合を確かめて、毎朝、必要分だけは水を遣ります。

ルッコラはサラダの一部としてすでに毎日食べています。赤紫蘇とバジルは成長中です。バジルはサラダでも食べますが、主な用途はバジルソースの原料です。たくさん作ってストックしておくと、調味料として便利です。

赤紫蘇は梅干しの鮮やかな赤のために育てています。梅干しはやはり日の丸弁当の赤でないと気分が出ない。いちばん下の写真のような鉢を5個使って栽培しますが、梅干しの赤にはとても足りない。だから市販の赤紫蘇も梅干し向きなのを「選択的に」購入する予定です。ストックしてある赤梅酢も色付けに投入します。

青梅が到着したので、梅干し作りを開始(2016年版)」という先日の記事で、「積み重なったら、最後は、けっこうな重量の重石をかけて、梅酢が上がってくるのを待ちます。三日から四日したら梅酢が上がってくるはずです。この梅酢を白梅酢と呼び、余った白梅酢は貴重な自家製調味料になります。」と書きましたが、すばらしい白梅酢が上がってきています。しかし梅酢にもっと梅の香りを融け込ませるために、しばらくはそのままにしておきます。

1 ルッコラ

Photo バジル

Photo_2
                   赤紫蘇

人気ブログランキングへ

|

« 自家製コメ酵母を使った焼きたてパンの景色(続々々、あるいはその3) | トップページ | 見上げたときの建物の連なりの美しさ »

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/66045632

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝の楽しみ:ルッコラとバジルと赤紫蘇:

« 自家製コメ酵母を使った焼きたてパンの景色(続々々、あるいはその3) | トップページ | 見上げたときの建物の連なりの美しさ »