« 水遣りの楽しみ | トップページ | 予行演習中のジェット戦闘機の爆音のことなど »

2016年7月22日 (金)

コーヒーチェーンのデフォ・コーヒー

大きなマグカップでコーヒーを「がぶ飲み」するという習慣はずいぶん前に捨てました。自宅でコーヒーを淹れる場合も、小さなカップが好みです。
 
米国生まれで日本にすっかり根付いたコーヒーチェーンやそれと同じようなタイプの日本生まれのコーヒーチェーンがあります。ぼくはそういうところはほとんど利用しないので、まれに、時間つぶしが目的でそういう場所に立ち寄ると、何をどういうふうに注文していいのかがよくわからない。
 
注文の行列があり、僕の目の前でどなたかが見本を見せてくれる場合は学習時間がありますが、そうでない場合は困ってしまう。「普通のコーヒーを普通の大きさで」と言うしかありません。そのお店でそう言うと「トールをマグカップでお持ちしてよろしいでしょうか?」「はあ、じゃあ、それで」
 
適当な場所で空いている椅子に座ったら、大きなマグカップにコーヒーがたっぷりと入ったのを持ってきてくれました。時間つぶしには量がいっぱいあった方がいいのでしょうが、僕には量が多すぎていささかうんざりです。トールとはそういう意味だったのか。トールでないのはなんと言うのか。(あとで店を出るときにメニューを見上げたらショートと書いてありました。)
 
このチェーン店では「トール」がデフォらしい。ぼんやりしているお客にはトール、そして、マグカップ。当然、トールはショートよりも値段が高い。マグカップは容器代がかからない。資源の節約。なるほど。

人気ブログランキングへ

|

« 水遣りの楽しみ | トップページ | 予行演習中のジェット戦闘機の爆音のことなど »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/66611239

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーチェーンのデフォ・コーヒー:

« 水遣りの楽しみ | トップページ | 予行演習中のジェット戦闘機の爆音のことなど »