« グローバル化する食と、自家製の梅干し | トップページ | 走るのが好きな人、歩くのが好きな人 »

2016年8月 8日 (月)

梅の天日干し(2016年版、三日目と最終日)

すぐ下の写真は天日干し三日目(先週の土曜日)の遅い朝の具合です。陽はけっこう高くなっています。全体が均等に、とはいきませんが、それぞれに二日目よりは赤みを増してきました。
 
こういう天日干し作業の際に、毎回感じることですが、天気予報というのはどうもあてにならない。曇り空のはずが青空に、快晴のはずが厚めの雲が陽を遮ってそのあたりをにとどまっています。早朝の空を自分の目で見て天気を判断する方が、結果がどうであれ自己責任なので、その後、苛々(いらいら)しなくて済みます。
 
先日、日高昆布の漁の様子が地元のテレビチャネルで放映されていました。日高昆布はだいたい何にでも使えるので東京あたりの家庭では人気が高い。漁師は早朝に空の具合をにらんで昆布漁に出かけるかどうかを判断するそうです。収穫した昆布は、その日のうちに一日かけて石ころが敷き詰められた浜辺で干しあげる。その日のうちに干しあげないと基準の品質に達しない。早朝に、その日の天気の推移に疑問符が付くと、一日の工程が完成しないので、漁には出ない。梅の天日干しと似ています。
 
Dsc_3522_2016
 
下の写真は、最終日(今年は四日目が最終日)早朝の様子です。最終日は日曜日で、ほぼ快晴に近かった。こういう日は赤みを増すために赤梅酢に漬け戻してあった梅を平籠にきれいに並べるのが嬉しくなってきます。
 
Dsc_3566_2016  

明日からは「天気予報」によれば、どうも、雨模様らしい。土曜日と日曜日で限(きり)がついて結構でした。天日干しが完了した梅には、常滑焼の甕(かめ)の中でこれから1年半から2年程度は(できたら2年以上)ゆっくりと休んでもらいます。
 
我が家の梅干し在庫で現在、最も古いのは、干しあげたのが2013年8月6日のもの、つまり3年前の南高梅です。そろそろ一部を食べ始めるかどうか、思案中。なお、2014年からは、梅を、ともに和歌山の産ですが、南高梅から龍神梅に切り替えました。

人気ブログランキングへ

|

« グローバル化する食と、自家製の梅干し | トップページ | 走るのが好きな人、歩くのが好きな人 »

季節と時節」カテゴリの記事

昆布」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/66881842

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の天日干し(2016年版、三日目と最終日):

« グローバル化する食と、自家製の梅干し | トップページ | 走るのが好きな人、歩くのが好きな人 »