« 「台風とタマネギと農産物貨物列車」補遺、あるいは、北海道産野菜の季節別の移出量 | トップページ | 調理用トマト「なつのしゅん」と、2016年版のトマトソース »

2016年9月13日 (火)

9月上旬の北海道のテレビコマーシャル

9月の声がきこえてくると北海道のテレビコマーシャルには、さっそく冬向けの商品が登場します。
 
「ストーブ(石油・ガス)」や「冬用タイヤ」といった冬に全国で消費需要があるものは当然だとしても、それ以外に、自動車メーカーの開発した「家庭用除雪機」の宣伝映像も流れます。日本の自動車メーカーの中には家庭用耕運機を得意とするところもあるので、自動車メーカーの開発した「家庭向け除雪機」に違和感はありません。北海道にひとりで暮らす母親への、東京に住む息子からの季節の贈り物といったニュアンスのコマーシャルです。よくできている。玄関から道路までの通路を作ります。
 
そうやって場所を移動させた雪が庭に積み重なってきた場合に、それをどう処分するかはまた別の問題です。「家庭用除雪機」だけではどうにもならなくなる。
 
札幌に、冬はあっても雪がなかったらどれほどいいだろうと勝手なことを考えています。あのつるつるのアイスバーン状態の車道や歩道はどうも好きになれない。
 

人気ブログランキングへ

|

« 「台風とタマネギと農産物貨物列車」補遺、あるいは、北海道産野菜の季節別の移出量 | トップページ | 調理用トマト「なつのしゅん」と、2016年版のトマトソース »

季節と時節」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/67396653

この記事へのトラックバック一覧です: 9月上旬の北海道のテレビコマーシャル:

« 「台風とタマネギと農産物貨物列車」補遺、あるいは、北海道産野菜の季節別の移出量 | トップページ | 調理用トマト「なつのしゅん」と、2016年版のトマトソース »