« ポリ袋の密封用具、ネーミングがいいと思う | トップページ | 2016年度のタクアン »

2016年10月28日 (金)

カボチャと鋸(のこぎり)とタワシ

配偶者が大きなカボチャを買ってありました。こういう場合は、鋸(のこぎり)の出番です。家庭用の包丁では最初は歯が立たない。頑張りすぎると怪我をする。鋸といっても、場所を取らないように折り畳み式のもので、カボチャ専用です。これで、大きなカボチャを二つに切ります。そこまでやっておくと、あとは配偶者の包丁まかせで大丈夫です。
 
最初は堅い木を切る気分です。カボチャの内側の形状を考えながら、今はどのあたりまで歯先が入っているかを想像し、あせらずに前後に引いていると、そのうちここまでくれば大丈夫という感触が鋸に伝わってきます。そうなれば、鋸を止めて、手で二つにパカンと割って作業はお終い。
 
あとはタワシの登場です。鋸の歯のギザギザに絡みついた植物繊維をタワシで洗い落とします。こういう場合にタワシ以上に役に立つ用具は、ぼくは寡聞にして知りません。
 

人気ブログランキングへ

|

« ポリ袋の密封用具、ネーミングがいいと思う | トップページ | 2016年度のタクアン »

野菜と果物」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/68145725

この記事へのトラックバック一覧です: カボチャと鋸(のこぎり)とタワシ:

« ポリ袋の密封用具、ネーミングがいいと思う | トップページ | 2016年度のタクアン »