« 「夜の底が白くなった」、この線から向こうは雪 | トップページ | すぐそばにある外国のことなど »

2016年11月28日 (月)

冬の札幌らしい宣伝チラシ

冬の札幌らしいチラシが目に入りました。ある自動車学校の宣伝チラシです。
 
「冬道安全運転講習」「冬道特設コースで様々な危険を体感しましょう。」「技能(運転)100分、座学(講習)50分」「わだちからの脱出!」「ツルツル路面で危険回避」「午前の部 9:10~12:00、午後の部 13:10~16:00」
 
面白かったのは、次の2か所。
 
「実施期間 平成29年1月12日(木)から2月3日(金)まで」
「技能の講習は、特設コースで50分、一般道路冬道体験50分です。」
 
その時期は、たいていは根雪が固まって、車の往来の非常に多い日中の幹線道路を例外として、道路はアイスバーン状態です。何かの事情(たとえば、雪ではなく急な雨)でいったん溶けたのがまた凍ると、凸凹のごつごつしたアイスバーンになります。温度がマイナス5度からマイナス10度近くになる深夜から早朝にかけては当然ですが、午後も3時をまわると道路は凍り始めます。それに本格的な雪の時期は、4車線道路が2車線になってしまう。除雪車が雪を走路の両端に寄せるので、4車線のうちの雪置き場と化した両端の2車線は使えません。交通渋滞です。
 
教習所内の特設コースでは、おそらく、アイススケート場のようなツルツル路面の走行やいやらしいワダチからの脱出を経験するのでしょう。一方、一般道路はどのあたりを走るのか知りませんが、1月の一般道路は上述のような具合なので、どこを走るにせよ受講者にとってはスリルのあるトレーニングになると思います。

人気ブログランキングへ

|

« 「夜の底が白くなった」、この線から向こうは雪 | トップページ | すぐそばにある外国のことなど »

季節と時節」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/68587547

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の札幌らしい宣伝チラシ:

« 「夜の底が白くなった」、この線から向こうは雪 | トップページ | すぐそばにある外国のことなど »