« 赤いカボチャと白いカボチャ | トップページ | 北海道産の「さつまいも」 »

2016年11月 4日 (金)

食品表示法に関する違和感

食品表示法という法律が2015年4月1日から施行されました。消費者庁のパンフレットを拝見すると、新しい食品表示の狙いと焦点が簡潔にまとめられています。
 
「食品の表示について一般的なルールを定めている法律には、食品衛生法、JAS法及び健康増進法の3法がありました。しかし、目的が異なる3つの法律にルールが定められていたために、制度が分かりにくいものとなっていました。食品表示法は、上記3法の食品に関する規定を統合したもので、食品の表示に関する包括的かつ一元的な制度をするものです。法律の目的が統一されたことにより、整合性の取れたルールの策定が可能となったため、消費者、事業者の双方にとって分かりやすい表示を実現することができるようになりました。」
 
また、この食品表示法はどういう領域に力点を置いているかというとそのパンフレット(「食品表示のここが変わる!~主な変更点の紹介~」によれば次の3つです。
 
・アレルギー表示が変わります。
・加工食品の栄養成分表示が義務化されます。
・新たな機能性表示制度が創設されました。
 
食品表示法」の第一条(目的)は以下のようになっています。
 
「(目的)第一条  この法律は、食品に関する表示が・・(略)・・もって一般消費者の利益の増進を図るとともに、・・(略)・・国民の健康の保護及び増進並びに食品の生産及び流通の円滑化並びに消費者の需要に即した食品の生産の振興に寄与することを目的とする。」
 
つまり、消費者庁の考える「一般消費者の利益」「国民の健康」「消費者の需要に即した食品」とは、「アレルギー表示」・「加工食品の栄養成分表示」・(食品の)新たな機能性表示」といったものに集約されるような何かのようです。大雑把に言い換えてみると、栄養成分の豊富なお手軽加工食品と機能性に満ちたサプリメントを好む需要供給トレンドを後押しする何か。
 
だから、「新版」によって失ったもの、焦点があたらなくなったものが同時にあってもおかしくない。
 
たとえば、農産物を生産し農産加工食品を作っている、ある農業グループの顧客向け通信に以下のような「商品の価値と価格の関係」というタイトルの一文が掲載されています。(「きとうむら通信」2016年秋冬号。)
 
以前、そこから柚子胡椒(ゆずこしょう)を作るときにおいしい柚子を買ったことがあり、それ以来顧客向け通信が届きます。下の写真がその時の柚子。
 
2
 
「きとうむらの商品は、おいしいけど値段が高いとよく言われます。確かに、市販の商品に比べると、その通りだと思います。しかし、それには理由があります。それは原料の価格です。 国産の低農薬もしくは無農薬栽培による農産物や、化学的な製法を極力控えた無添加の素材など、原料そのものが希少価値の高いものであり 必然的に値段も相応の価格だからです。食品表示法の改正がされる前は、商品の裏面にある一括表示に、細かく素材の違いを書いていましたが、現行法では一括表示での差別化を図ることが規制され、大手メーカーの商品との違いがわからなくなっています。」(下線は「高いお米、安いご飯」による)
 
「例えば、おからくっきーの小麦は九州産ですが、表示できるのは(国産)のみ。卵は遺伝子組み換えでなくポストハーベストフリー(非農薬燻蒸)の安全な飼料と、ホルモン剤や抗生物質を使わず育てたニワトリの安心な卵ですが、表示できるのは鶏卵とだけ。おからに使われている大豆は九州と曇嚢産ですが、表示できるのは(国産・遺伝子組み換えでない)のみ。なたね油は、有機系の抽出促進剤を使わず、圧搾法による一番搾り油ですが非表示。・・・(後略)・・・」。
 
「食品表示法」の「第五条」は次のようになっています。
 
(食品表示基準 の遵守)
「第五条  食品関連事業者等は、食品表示基準に従った表示がされていない食品の販売をしてはならない。」
 
食品表示法で力点の置かれなくなった領域の農産物や加工食品を作る農家や食品生産者やそういうものを好む消費者にとっては新表示法は機能後退ですが、そんなことを言ってはおられないので、とりあえずは、商品パッケージの裏側の定位置以外の場所を使って、商品品質に関するコミュニケーションを継続することになるのでしょう。

人気ブログランキングへ

|

« 赤いカボチャと白いカボチャ | トップページ | 北海道産の「さつまいも」 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/68233089

この記事へのトラックバック一覧です: 食品表示法に関する違和感:

« 赤いカボチャと白いカボチャ | トップページ | 北海道産の「さつまいも」 »