« 日の出前、外は氷点下8℃ | トップページ | 12月30日から1月4日まで、ブログはお休みさせていただきます。 »

2016年12月29日 (木)

雪が降るとポイント故障、雪が降らないときは車両故障

鉄道がもっとしっかりしていてくれると助かるのだけれど、雪が降るとポイント故障、雪が降らないときは車両故障というのがどうも癖みたいで、だから、たとえば「車両故障の影響で、□□駅~札幌駅間の一部列車に運休が出ています。」という案内には季節にかかわらずよく出合います。
 
ある路線の「一部列車に運休が出ています」の「一部」の内容が時間とともに悪化してくると、車両の使いまわしの多いJR北海道なので、その路線から他の関連路線に玉突き現象で遅れや運休が出始めます。ぼくたちは、空港ゲートの入り口で、「機材の到着が遅れておりますので、搭乗のご案内は〇時〇分ころを予定しております」というのに一定頻度で遭遇しますが、それと同じことがとくに札幌駅やその周辺駅でぞろぞろと発生することになります。
 
雪の降らない季節なら列車の代わりにタクシーという代替手段もあるのですが、この時期の車道は、路面は積もって凍った雪がいったん融けて固まった氷の凸凹状態で、車線は、片側2車線が左右を高い雪の壁に挟まれて1車線になり、片側1車線のところは車1台分の単線になるので、乗ってから目的地までの所要時間と料金の計算ができません。それから、そういう場合は、皆さんがタクシー乗り場に殺到するので、タクシーに乗るまでも重労働です。
 
地下鉄は雪の影響を受けないのでありがたいのですが地下鉄の駅とJRの駅が隣接しているところは非常に限定されます。したがって、札幌の郊外や近隣地域に用件のあるときは、八百万の神にひたすらお祈りです。
 
__
 雪に埋もれたバス乗り場(札幌市内)

人気ブログランキングへ

|

« 日の出前、外は氷点下8℃ | トップページ | 12月30日から1月4日まで、ブログはお休みさせていただきます。 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/69022331

この記事へのトラックバック一覧です: 雪が降るとポイント故障、雪が降らないときは車両故障:

« 日の出前、外は氷点下8℃ | トップページ | 12月30日から1月4日まで、ブログはお休みさせていただきます。 »