« 12月30日から1月4日まで、ブログはお休みさせていただきます。 | トップページ | 素朴で頑丈なトースター »

2017年1月 5日 (木)

サトイモ(里芋)はやっぱりセレベス

このお正月に久しぶりに「セレベス」の薄味の煮つけを堪能しました。産地は鹿児島県。
 
イモにはいろいろな種類がありますが、世界での生産と消費の縄張りが広いものを三つ選ぶと、ジャガイモとヤムイモやタローイモということになります。サツマイモはマイナーな存在です。ジャガイモの原産地は南米アンデス山脈からメキシコ、ヤムイモやタローイモの原産地は東南アジアです。
 
イモは、日本では、その出身地ないし伝来の経由地が名前に残っているので愉快です。ジャガタラ(ジャカルタ、インドネシア)からやって来たイモなのでジャガイモ、薩摩から来たのでサツマイモ、その前は琉球なので琉球イモ、サトイモ(里芋)の一種であるセレベスはセレベス島(インドネシア)から渡ってきたのでセレベス。
 
和風料理には里芋です。和風飲み屋の定番で肉ジャガというのもありますが、ジャガイモは基本的に洋風料理が似合います。和風向きではない。タローイモは熱帯アジアの主食ですが、タローイモの栽培北限が日本で、そのタローイモのひとつが里芋です。
 
和風料理と相性のいい里芋をある基準で二つに分けてみます。ひとつは、「固くて、ぬめぬめしていて、下茹で(したゆで)が必要なタイプ」、もうひとつは、「柔らかくて、ぬめぬめが少なくて、下茹でが不要なタイプ」。ここで話題のセレベスは後者です。我が家はセレベスが好みですが、セレベスは残念ながら札幌だとなかなか手に入らない。
 
蛇足ですが、セレベスと別の種類の里芋の写真を並べてみます。
 
Photo 里芋( セレベス)
 
Non_tm セレベスでない種類

人気ブログランキングへ

|

« 12月30日から1月4日まで、ブログはお休みさせていただきます。 | トップページ | 素朴で頑丈なトースター »

イモ類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/69071655

この記事へのトラックバック一覧です: サトイモ(里芋)はやっぱりセレベス:

« 12月30日から1月4日まで、ブログはお休みさせていただきます。 | トップページ | 素朴で頑丈なトースター »