« 冬の横断歩道にはご用心 | トップページ | 灯油雑感 »

2017年2月 8日 (水)

札幌雪祭り

公式名称は「さっぽろ雪まつり」です。
 
日本の「まつり」とは、神道以前の昔から日本にいらっしゃる「かみさま」のおいでを、身を清めて待ち、かみさまと出会う手段のことなので、雪まつりもそのひとつということになります。
 
かみさまが来臨する場が「依代(よりしろ)」ですが、依代が神社である必要はありません。木でもいいし岩でもいい。即席に作ったものでもいい。大小の雪像が依代です。かみさまとのコミュニケーションの方法が「祝詞(のりと)」です。昼は歌手という「巫覡(ふげき)」・「巫女(ふじょ、みこ)」を媒体とした歌が歌われ、夜は音楽と色彩の華やかなプロジェクションマッピングが輝き、それらが祝詞になります。
 
祝詞のひとつであるところのプロジェクションマッピングを、配偶者と、ミーハーしてきました。まつりには不可欠なお酒も食べ物も、軒を連ねた屋台でふんだんに用意されています。
 
Img_0591
 
Img_0605
 
「さっぽろ雪まつり」のころは、例年、一時的に気温が緩むことが多くて、せっかく作った雪像に悪影響が出ることがあります。しかし、「雪まつり」が終わるとまた寒気がぶりかえすので、皮肉なものです。今年も初日は日中の最高気温が氷点下という冬日ではありませんでした。しかし、二日目以降は十分に寒いようです。

人気ブログランキングへ

|

« 冬の横断歩道にはご用心 | トップページ | 灯油雑感 »

季節と時節」カテゴリの記事

花と存在、存在と花」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/69512799

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌雪祭り:

« 冬の横断歩道にはご用心 | トップページ | 灯油雑感 »