« 不思議なゴロゴロ歩き | トップページ | 赤紫の樹の芽と、黄緑の樹の葉 »

2017年4月19日 (水)

プロ野球のファンは勝手なことを言うものらしい

去年最も成績の良かった地元の球団が、今年は今までのところリーグ最下位で、当分回復の見込みはなさそうです。守備のエラーやエラーと記録されないお粗末な守備で点を取られたり、攻撃のエラー(たとえば走塁エラーやバントの失敗)で点を取り損なったりと、エラーやエラーに類するプレイが重なって負けています。地元のドーム球場には年に数回くらいは足を運ぶのですが、今年はこういう状態が続くとおそらく球場には行かない。行ってもつまらない。
 
捕手というのは興味深い仕事ないし役割です。その気になれば(そして投手が捕手の「その気」に対応できる能力を持っていれば)打者を自由に翻弄できます。満塁で内野フライを打たせることもできるし(以前の全国方言では「原フライ」、北海道では「中田フライ」とも言う)、ショートやセカンドにゴロを打たせてダブルプレイにすることもできる。
 
捕手にはそういうのとは別の側面もあって、たとえば、跳びついても捕れないとんでもないボール以外は全部受け止める、あるいはプロテクターに当てて必ず体の前に落とすというという「安全・安心」がきっちりとできるタイプと、ワンバウンドなどを頻繁に後逸してしまう「非安全・非安心」なタイプがいます。「非安全・非安心」なタイプが犯すエラーは相手の得点や追加点につながるので目も当てられない。だから、後者のタイプは出番がないかというと、不思議なことに弱い球団では必ずしもそうではないみたいです。
 
こんなコースに投げたら打たれるよね、というコースにわざわざ投げさせているとしか思えないような捕手もいます。投手がストライクの入らないどうしようもない状態でそういう選択肢をとるしか仕方ないのなら同情するのですが、そうとは考えられない場面でそうしている。捕手の趣味、捕手の癖としか思えない。こういうのはエラーとは言わないらしい。よくわからない。よくわからないので、そういう場合は、あの捕手は頭が悪いんだと思うことにしています。捕手に限らずプロ野球選手は顔です。頭の悪そうな顔や知性を感じさせない目をした選手のプレイは攻撃にせよ守備にせよ結局のところつまらないことが多い。
 
ファンのなかには、みっともない負け方をしても格好よく勝っても、心はいつも穏やかな海面のような我慢強いタイプもいらっしゃるのでしょうが、ぼくはそういうタイプではありません。だから「高いお米、安いご飯」の趣旨と関係があるとは思えないこういうブログ記事も書く。ぼく以上に勝手なことを言いだすファンも多いと思うので、負けが込み始めたプロ野球の監督や選手は大変です。

人気ブログランキングへ

|

« 不思議なゴロゴロ歩き | トップページ | 赤紫の樹の芽と、黄緑の樹の葉 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/70307243

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球のファンは勝手なことを言うものらしい:

« 不思議なゴロゴロ歩き | トップページ | 赤紫の樹の芽と、黄緑の樹の葉 »