« 早春の夕方 | トップページ | サクラガサイタ »

2017年4月26日 (水)

「セロニアス・ヒムセルフ」と「正法眼蔵」

ジャズピアニストであるセルニアス・モンク(1917 – 1982)のたとえば「セロニアス・ヒムセルフ」というピアノソロアルバムを聴いていると、道元(1200 – 1253)の「正法眼蔵」の一節を読んでいるような気分になります。
 
ジャズが好きでもセロニアス・モンクが嫌いなかたは、彼独特の不協和音や彼独自のリズム(リズムのとぎれや乱れ)にうんざりして彼から遠ざかったみたいですが、モンクを好きなかたにとってはそこが彼の魅力の源泉です。道元の「正法眼蔵」のような形而上学的著作物では彼が意識的に作り出す独自の不協和音やリズム感の「前後際断」に頻繁に出会えます。
 
「正法眼蔵」はわかりにくい書物です。禅を含む仏教全般の知識がある程度あるくらいでは歯が立たない。わかりにくさの理由は、おそらく次の二つです。
 
そのひとつは、言葉や用語の定義。「この言葉(この用語)はここではこういう意味で使います」というその定義の仕方(というか使い方)がとても大胆なこと(たとえば「悉有仏性」、これについては後述)。
 
もうひとつは、ある言葉(用語)をある意味で(ある定義で)使ったあと、その同じ言葉(用語)をすぐあとに別の意味で(別の定義で)使うという不協和音的な転調が好きなことです。たとえば、自己。同じ自己でも自分を含む世界を区分しようとする自己とそういう執着から自由になった自己とが同じ自己という言葉で連続し、どちらの自己かは文脈から判断するしかないのですが、文章自体がいわば不協和音の響きを内在させた音楽みたいなものなので、それほど簡単ではありません。
 
後者(二つめの理由)に関してひとつ追加すれば、極端な場合には、たとえば複数の漢字からなる用語(たとえば、古仏心)を説明しながら、説明の後でそれを三つに分解し、そのうちの二つを自由に組み合わせて(たとえば、古心、心古、心仏など)新しい意味を創り出すといったことにも躊躇がありません。読者にとっては、新たな不協和音の登場です。
 
「一切衆生悉有仏性」というぼくたちにとって比較的おなじみの表現は、通常は「一切衆生、悉く(ことごとく)仏性(ぶっしょう)有り」(すべての存在に仏性―如来蔵とも呼ばれている-がある)と読み、仏性の有無を説明する表現ということになっていますが、道元はそう読まない。彼の形而上学がそう読ませない。「悉有(しつう)は仏性なり」と強引な(つまり高校の漢文の授業だったら教師から間違いだといわれるような)読み方をします。
 
人も草木も石も山も風もすべての存在は、仏性が、そのまま、それぞれにそれぞれの瞬間に顕れたものであるという「空」の構造を道元風に表現したものが「悉有(しつう)は仏性なり」です。ちなみに、仏教という絶対者を想定しない形而上的な思想においては仏性とは真理(曖昧な言葉ですが)のことです。別の形而上的な表現だと「空(くう)」とも云う。
 
何もないところから、人も草木も石も山も雲もすべての存在が顕現します(なにもないのでその意味では空であり無です、しかし、顕現するということは、それらの潜在態がすべてそこにあるので、その意味では有であり空です)。
 
「般若心経」という短いけれどもとても哲学的なお経があります。そのお経はこの存在の往復運動(循環運動)のことを「色不異空 空不異色 色即是空 空即是色」とまとめました。「悉有(しつう)は仏性なり」は、仏性を軸にそのまとめをさらに道元流に凝縮したものと云えます。
 
正法眼蔵のある章だけを読み返し、そのあとセロニアス・モンクの好きなピアノソロアルバムの好きな曲だけを数曲聴き返すというのもけっこう楽しい作業です。順番は逆でも構わない。
 

人気ブログランキングへ

|

« 早春の夕方 | トップページ | サクラガサイタ »

花と存在、存在と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/70372569

この記事へのトラックバック一覧です: 「セロニアス・ヒムセルフ」と「正法眼蔵」:

« 早春の夕方 | トップページ | サクラガサイタ »