« 打者の圧力 | トップページ | ルッコラとバジルとアボカドのサラダ »

2017年8月16日 (水)

競歩のメダリストの速さ

先日の世界選手権で銀メダルと銅メダルを手にした日本の競歩選手は50キロメートルを3時間40分でカバーしたので、時速は13.64キロメートル、ここではやや乱暴ですが、時速14キロとします。超一流のマラソン選手は40キロを2時間で走るので、時速は20キロメートルです。
 
夏の夕方は、速足で歩く散歩が好きですが、ぼくの速足散歩は、時速6キロです。時速6キロがどれくらいの速さなのかは身体が覚えています。時速14キロというのはこの倍以上なので、実感としても、ものすごい速度ということになります。
 
休日や週末は若い男性ジョガーや中年の男性ジョガー、野球帽風をかぶった若い女性所ジョガーやもう少し上の年齢の女性ジョガーとすれ違います。安定して走っていくなあと思うジョガーで時速10キロ程度でしょう。12キロくらいだと見ていて格好がいい。気持ちのいいスピードです。
 
無理して頑張って疲れてしまい、ぼくと同じ速度か、ぼくが抜いていけるようなスピードのよれよれオジサンジョガーもいらっしゃいます。ジョギングを止めてウォーキングに切り替えたらいいと思うのですが、ジョガーとしての意地があるらしい。
 
50キロメートルを時速14キロで歩き続ける競歩というのは、その格好いいジョガーも一瞬にして抜き去る速度なので、あらためてすごいなあ、と思います。

人気ブログランキングへ

|

« 打者の圧力 | トップページ | ルッコラとバジルとアボカドのサラダ »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/71435102

この記事へのトラックバック一覧です: 競歩のメダリストの速さ:

« 打者の圧力 | トップページ | ルッコラとバジルとアボカドのサラダ »