« 不要なものの排除 | トップページ | ぜひ試したい飲み物:「燗酒(かんざけ)ボトル缶」 »

2017年12月11日 (月)

「80%」の贅沢

「80%」の贅沢とは、100%を諦めて満足度80%で妥協しよう、という意味ではありません。80%の満足度がたいしたものであるとしても。
 
下の絵は、玄米(の構造)です。
Photo
 
この玄米から「ぬか」や「胚芽」を取り除いたものが、白米です。
 
「精米歩合」という日本酒関連の用語があります。白米の、玄米に対する重量割合のことです。したがって、ぼくたちが普段食べている白米の「精米歩合」は、上の絵からわかるように、だいたい90%になります。精米歩合60%の純米酒とは、表面部分を40%削り取って60%まで磨いたコメを使った日本酒という意味です。
 
日本酒を醸造する場合、精米歩合を低くして米粒の中心に近い部分だけを原料に使うほど雑味のない酒ができるといわれています。だから、精米歩合が、60%や55%くらいはまだいいにしても、45%とか38%とか30%とか、あるいはそれ以下といった吟醸酒や大吟醸酒が作られます。そういうのはコメに失礼だろうと思いますが、日本酒の売れ筋の需給はぼくのそういう感想とは関係なく形成されます。
 
「雄町(おまち)」という日本酒用のコメがあります。生産量は多くない。先日、生産地の名前を冠した「赤磐雄町(あかいわ・おまち)」を「精米歩合80%」で作った純米酒(四合瓶)に出会いました。嬉しくなって、衝動買いです。飲んでみました。
 
重厚な感じで、辛口。「淡麗辛口」とは真逆の味わいです。うーん。この「赤磐雄町の精米歩合80%」の日本酒は、電子計測器でいえば、アナログ技術に優れた老練なエンジニアが高級部品を使って設計した超精密測定器みたいなもので、いくら優秀でもデジタル技術しか知らないエンジニアには作れない。だから、ぼくが普段飲んでいる「純米酒」よりも断然値が張るのですが、たまにはこういう贅沢も良しとしましょう。

人気ブログランキングへ

|

« 不要なものの排除 | トップページ | ぜひ試したい飲み物:「燗酒(かんざけ)ボトル缶」 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「80%」の贅沢:

« 不要なものの排除 | トップページ | ぜひ試したい飲み物:「燗酒(かんざけ)ボトル缶」 »