« 「からゆたか」という北海道産サツマイモの風味 | トップページ | 今年の松市は12月9日 »

2017年12月 1日 (金)

寒くても歩きやすい歩道とそうでない歩道

夕方の凍りかけた歩道というのは、たとえば下の写真のような状態をいいます。雪が積もった後、凍り「かけて」いる状態なので、滑るけれどそれほどツルツルではありません。しかし、このあと氷点下5度~8度くらいの気温が続くと、翌朝の同じ場所は、グリップ力が強いタイプの冬靴でないとツルツルでうまく歩けない。油断しているとひっくり返る。
 
しかし、ほんの軽くでも雪が降ると、その雪が滑り止めになるので、急に歩きやすくなります。
 
Photo 
 
昨日から今日、そして明日まで、冬日だそうです。冬日とは、念のために説明すると、その日の最高気温が零度未満の日のことを言います。つまり、外は一日中冷凍庫のなか、ということです。しかし、今回はいいこともありました。
 
一週間くらい前まで積もって凍っていた雪が、3日ほど前の10度以上の急な気温上昇と気温上昇に伴う雨の力で、融けて流れて、歩道からは一部を除いては白い氷の層が消えてしまいました。こうなると、どう寒くなろうと、雪さえ降らなければ、歩くということに関してはほとんど問題がない。風が吹くと、歩いていて嫌になるくらい手や耳が凍えるにしても。

人気ブログランキングへ

|

« 「からゆたか」という北海道産サツマイモの風味 | トップページ | 今年の松市は12月9日 »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/72338984

この記事へのトラックバック一覧です: 寒くても歩きやすい歩道とそうでない歩道:

« 「からゆたか」という北海道産サツマイモの風味 | トップページ | 今年の松市は12月9日 »