« 「シンギュラリティは近い」の口直しには「ハーモニー」と「ホモ・デウス」 | トップページ | 蕎麦と米 »

2018年2月26日 (月)

美味しいタクアン

自家製のタクアンは美味しいと相場が決まっていますが、とくに今年の(というか、昨年の晩秋に漬け込んだ)タクアンは美味しい。たとえば、土曜日の午後に、寒さを我慢しながら戸外の甕(クーラーボックスに入れて寒さ対策をしてある)から糠をつけたままの数本をボールに取り出して台所に運ぶと、台所にタクアンの香りが濃くふんわりと拡がります。
 
米糠(こめぬか)は有機玄米を自家精米するときの副産物だし、市販のものを利用するところの塩・米麹(こめこうじ)・鷹の爪も、どれを使うかは決めているのでそれらに品質の差があるとは考えにくい。味の決め手は、やはり、大根です。
 
まず、大根そのものの美味しさ(要は生で食べたときのうまさ)、それから、天日干しの干し加減。今年は、ある有機栽培農家が栽培したとてもいいのが手に入ったし、天候にも恵まれました。
 
下は、取り出した数本のうちの一本を水洗いし、俎板の上で食べやすい厚さに切っているところ。数切れのタクアンは、我が家の朝食の必需品です。
 
20180223_a
 
20180223_b

人気ブログランキングへ

|

« 「シンギュラリティは近い」の口直しには「ハーモニー」と「ホモ・デウス」 | トップページ | 蕎麦と米 »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

発酵」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/72982689

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しいタクアン:

« 「シンギュラリティは近い」の口直しには「ハーモニー」と「ホモ・デウス」 | トップページ | 蕎麦と米 »