« 味噌汁と具 | トップページ | 早朝のコーヒーとココナッツオイル »

2018年4月 3日 (火)

3月の終わりから4月の始めに春を感じさせるもの

今年はもう桜が散ってしまって残念、という全国版のニュースを眼や耳にすることが多いのですが、この時期に札幌で最も春を感じさせてくれるのは桜ではなくシャクナゲです。桜や梅は5月の連休あたりまで待たないといけない。
 
公園もどこも樹々はまだ茶色で、しかし芽が吹きかけているのを示す濃いピンクから赤い色のぼんやりとしたひろがりが枝の先におだやかに感じられます。しかし緑という色は街には存在しません。
 
この時期にいちばん緑を感じさせてくれるのは、寒さに耐えるためにきつく閉じていた葉を開き始めたシャクナゲです。
 
_3
 
朝夕はコートがないとまだまだつらい時期ですが、こういうのを見るといくぶんほっとします。

人気ブログランキングへ

|

« 味噌汁と具 | トップページ | 早朝のコーヒーとココナッツオイル »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/73229750

この記事へのトラックバック一覧です: 3月の終わりから4月の始めに春を感じさせるもの:

« 味噌汁と具 | トップページ | 早朝のコーヒーとココナッツオイル »