« 歩く「大型ごみ」 | トップページ | 「さっぽろライラックまつり」、あるいは、お祭りとは何かをダシに使って飲んで食べるものらしい »

2018年5月23日 (水)

折り畳み式のスマートフォン用キーボード

どちらかというと、ノート型パソコンとポータブルルーターを持ち歩くのが習いだったのですが、重さが我慢できなくなってしばらく前からスマートフォンということになりました。
 
しかし、一行メールは別として、スマートフォン(だけ)で文章を書く作業ほどイライラすることもないので、外出先では何かを文字でまとめたいときはスリムB5サイズの無地のノートに手書き、というのがストレスのない選択肢でした(余計なことですが、ノートは無地、線引きは好みではない)。スマートフォンくらい軽くて、A4くらいの大きさで下敷きみたいに薄いPCがあればそれをカバンに入れて持ち歩くと便利ですが、残念ながらそういう市販の軽量機種はありません。
 
で、結局の落ち着き所は、スマホに移植された文書作成ソフトウェアと小型軽量キーボードという、すでに少なからぬ利用者がいるに違いない組み合わせです。
 
「折りたたみ式Bluetoothワイヤレスキーボード、超軽量薄型レザーカバー、IOS/ Android/ Windows に対応」という製品が頃合いの値段で販売されていたので、それをユーザー評価も丁寧に確認の上で購入しました。ぼくのスマホは225g、その折り畳みキーボードは160g、これなら合わせて400g以下です。
 
Photo
                           (充電中に開いたところ)
 
以前、まだケータイが全盛だった時代に「俺はケータイより重いIT機器はは持ち歩かない」というIT関係の知り合いもいましたが,、時代が彼の流儀に追いついてきたようです。出先でも込み入った仕事にはある程度大きな画面のPCがないと不便ですが、文章用にはスマホと折り畳みキーボードがあればこと足ります。
 
作った文書の書式も作成後にいつも使っているものに変換してメールできるので、ぼくのようなタイプの利用者にはそれなりに落ち着きのあるソリューションです。
 
 

人気ブログランキングへ

|

« 歩く「大型ごみ」 | トップページ | 「さっぽろライラックまつり」、あるいは、お祭りとは何かをダシに使って飲んで食べるものらしい »

情報処理」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/73532683

この記事へのトラックバック一覧です: 折り畳み式のスマートフォン用キーボード:

« 歩く「大型ごみ」 | トップページ | 「さっぽろライラックまつり」、あるいは、お祭りとは何かをダシに使って飲んで食べるものらしい »