« 「近所の早咲き桜」補遺 | トップページ | 流通チャネルのハードウエアとソフトウェア »

2018年5月 1日 (火)

札幌の開花宣言用の桜

桜の開花予想や開花宣言にはそれなりに細かい基準があるみたいですが、開花に関しては各地の気象台が、自分の地所の桜(「ソメイヨシノ」が標準)を観測して「お、咲いたな」と判断したら開花宣言ということだと理解しています。札幌なら、札幌管区気象台の構内に植えてある桜が、開花予想や開花宣言用の桜です。

今年の札幌の開花宣言日は4月26日だったそうですが、ついでがあったので、昨日(4月30日)の夕方にその桜を見にいってきました。「ソメイヨシノ」が満開で(見方によってはあ満開をやや過ぎた状態で)咲いていました(下の写真)。夕方近いということもあり、そばの公園では親子連れが遊んでいるくらいだったので、ほとんど貸し切り状態でその「ソメイヨシノ」の淡い色合いを満喫しました。
 
北海道を代表する桜は「エゾヤマザクラ」です。札幌にも多い。気象台のすぐ近所の北海道立美術館の庭の桜は「エゾヤマザクラ」です。「ソメイヨシノ」よりも色鮮やかで野趣があるので、地元の美術館には向いています。
 
天気は、桜見物にはやや残念な、中国からのPM2.5がそれなりに浮遊している感じの曇りでした。
 
A_2018
 
B_2018
 
下は、北海道立美術館の「エゾヤマザクラ」。
 
Photo

人気ブログランキングへ

|

« 「近所の早咲き桜」補遺 | トップページ | 流通チャネルのハードウエアとソフトウェア »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/73400842

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌の開花宣言用の桜:

« 「近所の早咲き桜」補遺 | トップページ | 流通チャネルのハードウエアとソフトウェア »