« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月28日 (木)

枯れたOSの活躍場所

機能更新やバグ修正の対象でなくなったOS(オペレーティング・システム)、もっといえばサポート対象をはずれたようなOSは、枯れたOSと呼ばれます。既存のマイナーな不具合が存在し続けるのはいたし方ないとしても、アップデートがないので新たな機能障害は紛れ込まない。

一般のPC用でいえば、Windows 7なんかは枯れたOSになります。普通にインターネットと基本ツールなどを使っている分には、それで十分です。

この20年くらいは(あるいはもっと長いかもしれませんが)、歯の定期的な健診とクリーニングと小さなメンテナンス作業以外で、歯医者のお世話になったことはありません。つまり歯の痛みを媒介とした歯医者さんとのおつきあいは皆無です。

だから、患者用(ないしは受診者用)の椅子に座っていても暇なので(途中で、ここは、もうちょっと気をつけて丁寧に磨くようにといったアドバイスはもらうにしても)、なんとなく目が歯医者のシステムやアプリケーションソフトウェアに向かいます。

ぼくのかかりつけの歯医者では、診察室・治療ブースで使うアプリケーションの更新作業を数か月前に実施したそうです。モニター表示だけを見ていても大きな違いはわかりません。しかし、更新前も更新後もOSがWindows 7であるということは明瞭です。念のためにITにも強そうなその歯医者さんにそのことを確かめると、その通りで、歯医者のこういうアプリは枯れたOSしか使わないらしい。当然といえば当然ではあります。

最近出合った、歯科医とは全く関係のない、流通業界チェーンや外食業界チェーンが主要顧客であるところのクラウド系アプリケーションも、Windows 7の上に構築されていました。

消費者向けの跳んでいるアプリは機能アップデートが頻繁なスマートフォンで、そうでないアプリは枯れたOSでということのようです。もっとも、この種の棲み分けは以前からも繰り返し見慣れた光景ではありますが。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

大山鳴動して、鼠ゼロ匹

この前の日曜に、次のような内容の折り込みチラシが新聞に挟まれていました。その一部を引用します。

「六月二十五日(月)深夜0時から行われる「日本対セネガル」の情報を収録するため、平常より締め切り時間を遅らせ、特別体制で紙面製作をします。それにより配達時間が通常より一時間程遅くなることが予想されます。大変ご迷惑をおかけいたしますが、事情ご理解の上あらかじめご了承いただきますよう、お願い申し上げます。」

普通は、こういう文面を見ると、月曜日のスポーツ欄には大きな記事がカラー写真付きで載っていることを想像します。ぼくの購読している(紙の)新聞は、札幌では、一日一回配達(朝刊しかない)タイプなので、東京やその近郊と違って、夜遅めのニュースは朝刊に間に合わないことが多いのですが、今回は妙に張り切っています。

結果は、「配達時間が通常より一時間程遅くなることが予想されます」に関しては通告通りだったみたいですが、特別体制で製作された紙面は、北海道版には間に合わなかったようです。あのチラシは何だったのか。

□□□

補足。

ニュース用のスポーツ写真には、ときどきですが、芸術性の高いものがあります。おそらくこれはその一枚。日本経済新聞 2018年6月26日朝刊(北海道版)のスポーツ記事にありました。昨日の朝刊に載ると思っていた記事の写真です。写真のキャプションは「先制され闘志に火が付いた長友=AP」となっています。著作権者に断りなく勝手にお借りしました。

2018626

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

夏至と花フェスタと夏野菜

地球はとうとう寒冷化に突入かというくらいに札幌は寒い6月でしたが、日中の最高気温が25℃を超える日も少しは出てきて、そうなると野菜は育ちます。でも、肌寒いので、成長速度は遅い。

イタリアンパセリもやっとギザギザの本葉が離れたところからも確認できる程度には大きくなってきました。バジルも急にそれらしい姿へと変貌。

Jun24

Jun24_2

楽しみにしていた夏至も、残念なことに、一日で過ぎてしまいました。夏至がひと月くらい続くと嬉しいのですがそうもいきません。でも、まだまだ長い昼間がそこにいます。で、その気分の良い昼間を利用して、開催中の「花フェスタ」を冷かしてきました。

頃合いの大きさの鉢植えのペチュニアがあったので購入。夏の間、濃いめのピンクを楽しみます。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

「曲げわっぱ」の弁当箱のことなど

秋田・大館の「曲げわっぱ」が好きで、大事に使っています。使い込んでも使うたびに、秋田杉の香りがほんのりと漂います。

以前、昼の弁当用に何種類か利用していましたが、いちばんお世話になったのは楕円形を細長くした形状のもので、ややデザインの違う2つ交互に使いました。仕切り板があるのでその左側にご飯と漬物をぎゅっと詰め、右側に栄養バランスのいいおかずを入れます。ゴーカケンランにしたい場合は、2つを同時に使ったこともあります。

M 

弁当箱以外のお気に入りは「おひつ」で、時々使うのが寿司ごはん用の「飯切り」です。(正しくはなんというんでしょうか、炊き上がったごはんにスシ酢をうってチャッチャッと切ってまぜるための「おひつ」、大きな直径で背の低い「おけ」のことです。) 寿司といっても、我が家で作る寿司は、ニンジンと椎茸とかんぴょうとゴボウとタマゴとインゲンや絹サヤなどのいっぱい入った野菜のチラシ寿司です。朱色と茶色と黄色と緑色がにぎやかです。気が向けば、太巻きもつくります。

温かいご飯用の「おひつ」は、なでるとさらっとしていてなめらかで柔らかで、いつまでも触っていたいような木の肌あいです。「これが一番出来がいいからこれにしなさい。」と曲げわっぱ「おひつ」の製作者本人が即売展示の会場で僕たちに勧めてくれたものです。

弁当箱には円筒形のものもあり、これは中子(なかこ)がついているので、ご飯とおかずをひとつの容器で上下に分離した状態で持ち歩けますが、下の部分だけを使って写真のような「日の丸弁当」の遊びもできます。やや嵩(かさ)張りますが、大人の休日の遠足にはこちらの方が向いています。

Photo  Photo_2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

寒い六月とイタリアンパセリ

今年の六月はとても寒くて、ちょっと風の強い日など夏用のジャケットだけでは耐えられません。春用コートが必需品です。ときには6月中旬に軽い暖房も。大陸の寒気のせいということになっていますが、なぜその寒気が発生し停滞しているのかについては気象関係の専門家の解説はありません。

なので、ルッコラを例外として、夏野菜の生育がとてもゆっくりとしています。

イタリアンパセリに、やっと、双葉の間から本葉が出始めました。イタリアンパセリらしいギザギザとした葉です。サラダのバイプレーヤを務めるにはまだ時間がかかりそうです。

20180621

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

軽いレタスの上に、重いリンゴと重い大根

スーパーマーケットのような小売店のレジには、お客が買い物カゴに入れた商品をスキャンする(商品のバーコードを機械に読み取らせる)のが役割のチェッカーと呼ばれている人と、そのあとお客と金銭のやり取りをするのが役割のキャッシャーと呼ばれている人がいますが、実際はひとりでチェッカー機能とキャッシャー機能を兼ねる場合が多いようです。

しかし、ひとりで両方やると時間がかかるので、レジの担当者はチェッカー機能だけを行い、会計機能(お客の金銭支払い行為)は会計機でお客まかせというシステムを導入しているお店も最近は増えてきました。ただし、こうすると会計機の前で交通渋滞が発生する可能性があるので(不慣れなお客やとてもゆっくりとした動作のお客がいるので)レジには会計機を2台設置して交通渋滞を避けています。効率化です。

で、そういう作業の最後は、商品(ここでは生鮮食品や加工食品が対象)の袋詰めです。

精算の後、客が自分でお店のレジ袋や持参の持ち運び用袋の詰めることを前提にしたスーパーのレジも、それからデパートのようにチェッカー機能とキャッシャー機能は一人で担い、別の袋詰め担当者がレジという島の終点で食べものをポリ袋や紙袋に詰めてくれるところも、清算済み商品を入れるカゴに品物(ここでは食べもの)を移していく。

消費者が店で買い物カゴに購入予定の食べものを入れるときは、重いものや硬いもの(大根やニンジンやカボチャやリンゴなど)は下に置き、柔らかいものや傷つきやすいもの壊れやすいもの(刺身や魚の切り身や生肉やたいていの葉物野菜など)は上に重ねる、あるいは両方がカゴの中でできるだけ重ならないように配置するというのが常識的な原則ですが、この基本を感心するくらいに見事にこなす担当者と、そういうことに全く無頓着なひととがいらっしゃるようです。

組織だったトレーニングを一応は実施しているデパートやスーパーもあれば、担当者の力量と才覚と感受性まかせのデパートやスーパーもある。ベテラン女性担当者が、テキパキと詰めていくのは見ていて気持ちがいい。

ある小規模なスーパーでは、学生アルバイト風の男の子が基本をしっかりと適用しているいっぽう、その隣のレジでは同じ年代のアルバイト風の女の子がいい加減に詰めています。傷つきやすいレタスをいちばん下に置き、その上にリンゴを4~5個と大根を無邪気に載せている。ちょっとまずいんじゃない?と思いますが、彼女はそれをマズイとは思っていない様子です。

基本のできた男の子は基本ができているだけでなくものごとの配置構成力がある感じです。品物を眺めて、それらを精算済みのカゴにどう移していくかを最初に直感的に考える。どこでそんなノウハウを覚えたのか。その男の子が自炊していて、したがって野菜などの食材を買ってレジに並びそこで詰め方のコツを覚え、女の子が買うのはお菓子とジュースだけだとすると、その違いは納得できます。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

二羽の狂暴な共謀カラス

高年齢の女性がカラスに背後から襲われて叫び声をあげながら逃げるのを、以前、目撃したことがあります。鳩がカラスに襲われた直後の現場を歩いたこともあります。鳩の場合は、場所は札幌駅前の人通りの多い交差点でした。

先週の土曜日の午後、郵便物を投函するために出かけたときに、背後から頭に向かって嫌な感じが近づいてくるので瞬間的に頭を下げると大きなカラスでした。また歩き出すと、すぐに別の嫌か感じが急接近してくるので、頭を下げると黒い影が頭上すれすれを通過していきます。

何を思ったか、二番目の影はぼくの後方に引き返してきて、またぼくの背後から迫ってきます。傘でも持っていたら殴ってやるのですが、そういう道具は手元になかったので、ひたすら頭を下げて危険を回避するしか方法がありませんでした。

狂暴な確信犯です。二羽で連携プレーをしている雰囲気もあるので共謀を企んでいるのかもしれません。「焼鳥にしてやる」という先日のぼくのブログ記事を読んで復讐を仕掛けてきた可能性もあります。

カラスの繁殖期、つまり、巣を作り子育てのためにつがいで暮らす時期は、日本では一般的には3月から7月だそうです。寒い札幌ではその時期が後ろへ倒れるとすると、今がその最中ということになります。そういう状況ならなら、二羽が共謀してぼくを襲ってきたのも宜(むべ)なるかな。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

血圧を10くらい上下させるのはとても簡単、あるいは「正常」血圧って何?

定期的に、そしてできるだけ同じような時間帯に家庭で血圧を測っていても、血圧というのはけっこう変動するものです。調査対象は配偶者とぼくの二人で、サンプル数は少ないけれど、ぼくの数値だけを相手にするよりも客観的な物言いができます。血圧計は家庭向けのしっかりとしたもの。

ぼくの場合、たとえば日曜日の早朝に気分よくぼんやりしているときの血圧と、早朝にもかかわらず何かを考え続けているときの血圧、あるいは朝刊のある種の記事を読んでイライラした直後の血圧とは明らかに違います。10単位くらい(あるいはそれ以上)は簡単に上昇するし、その逆の場合もあります。つまり、血圧は気分(この場合は目覚めているときの気分)にけっこう左右されます。

もしそうなら、嫌な夢やイライラする夢を見ているときも血圧は高いに違いない。無意識は意識の深層だし、無意識と意識を合わせた状態を広義の意識と考えると、血圧は意識の顕在的な現れと潜在的な顕れの両方の影響を受けているようです。

だから、たとえば、健康診断などで、こんなことをやって意味があるのかしらんと無意識に近い領域でイラついているような状態で血圧を測ってもらうと測定値は高くなるかもしれません。逆にボーとしている場合や医者や健康診断への信頼度が素直に高い場合は測定値は低くなる。

以前にも書いたことですが、この数十年の「正常」な血圧に関するガイドラインは以下のような具合に推移しています。

□ 1960年代は、「収縮期血圧が149以下 /拡張期血圧が 99以下」
□ 1970年代は、「164以下 / 94以下」(WHO世界保健機構)
□ 1993年からは、「139以下 / 89以下」(いわゆる「140 / 90」)
□ 2009年からは「129以下 / 79以下」が正常血圧、「130~139 / 80~89」は「正常高値血圧」という不思議な言葉で呼ばれるようになった(日本高血圧学会)
□ 2014年に「収縮期血圧が147以下」、「拡張期血圧が94以下」なら高血圧を気にしなくてもいい(日本人間ドック学会)
□ 現在は循環器系の学会の主張が復活してきて「129以下 / 79以下」

循環器系の医者の意見なのか、製薬会社の意図なのか、高血圧の患者、および患者予備軍が増えたり減ったりで、けっこう気ぜわしい。見方によってはけっこう面白い現象だとも言えます。そういう流れに敏感なサプリメント会社の宣伝メッセージ「血圧が130を超えたら、〇〇を」も、当然のことながら復活してきました。

「正常」な収縮期血圧は「年齢+90」以下という古い簡易指標があります。こうやっていろんな意見や意見の推移を見ると、この古い指標がいちばん柔軟性があるみたいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

「やっと発芽したイタリアンパセリ」のその後

ルッコラはもう食べ始めていますが、イタリアンパセリはやっと準備段階が完了といった状態です。これから大きくなるのを待ちます。それにしても、昨日と今日は台風が持ってきた雨と大陸からの寒気でとても寒い。

2枚の写真のうち最初のは、今日(種の直播き後、20日目)の早朝の様子です。これが7月に入ったら2番目の写真のようになっているはずです。イタリアンパセリはサラダのバイプレーヤーとして活躍します。

20180613_20

78

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

低速ジューサーで作る、ニンジンとリンゴのジュース

ニンジンとリンゴの健康ジュースです。試してみるとけっこういい感じなので飲み続けています。

味に関しては、ニンジンだけだとおいしくないのでリンゴで飲みやすくする。レモン(や季節によってはスダチなど)を追加すると、味が締まってとても美味しいジュースになります。

味ではなく効能ということでいうと、ニンジンのβカロチンやリコピンなどが持つ抗酸化作用を飲んでいるということです。レモン汁を加えるのはニンジンに含まれる酵素がビタミンCを壊すのでその働きを抑えるという意味ですが、こうしたほうが味は果物ジュースらしくなります。大人向けのジュースです。

By

こういうのが家庭で楽しめるようになったのも、「低速回転 圧縮絞り方式」のジューサーが頃合いの値段で登場したからですが、我が家で使っているジューサーは、開発生産販売会社がビタミンサーバーなどと呼んでいて、なかなかうまいネーミングではあります。

ただし、ニンジンやリンゴはジューサーが処理しやすいようにある程度小さく切って投入するので、忙しすぎてそれが面倒なひとには向いていないかもしれません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

続々・野菜の季節(ルッコラはそろそろ食べごろ)

種播きから22日後のルッコラです。順調に成長しました。栽培が簡単な葉物野菜です。よく育ったものを順番に間引き風に摘み取っていって、サラダの材料のひとつにします。葉が混みあっているのでそういう作業が必要です。

夕方に摘み取ったものをそのあとの晩ごはんで食べるというのが一番おいしい。光合成が終わったばかりで元気です。野菜売り場で市販のものは、いくら近所の農家のものでも、収穫してから時間が経っているので、味が落ちています。ピリッとしたルッコラの風味が十分には楽しめません。

20180608_22
種播きから22日後のルッコラ
 
67
収穫直後のルッコラ(ただし、これは別の年の最初の収穫)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

続・野菜の季節

イタリアンパセリの種播きから発芽までは2週間以上かかり楽しいけれどもけっこう疲れるという趣旨の記事を書いたばかりですが、考えてみれば、バジルも種蒔きの日から本葉が出るまでは1カ月ほど必要です。

たっぷりの水で膨らませた市販の土ポット(正確には、ピートモスを圧縮し特殊ネットで包んだ培養ポット、プロ農家も使う)に、バジルの種を播いたのが5月10日。下の発芽状態の撮影日は5月20日。双葉が発芽するまで屋内栽培で10日かかっています。

__20180520 

その、双葉が出始めた状態の土ポットをすぐに新しい土を入れた丸鉢に移植してから、本葉がそれらしく出揃うまで(下の写真)、16日から17日日必要でした。種蒔きからだと結局1ヶ月近く経過しています。

だから黒のビニールポット(ポリエチレンポット)で栽培された野菜苗がよく売れるのでしょう。コスパだけを考えるならその方がコスパはいい。加工食材みたいなものです。種から育てるというのは、自分で選んだ種や土といっしょに遊ぶ経験を買っているようなものです。

20180607_0510 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

やっと発芽したイタリアンパセリ

イタリアンパセリの種がそれなりの数で発芽したのを確認できたのは、種播きから14日後でした。しかし、まだおさぼり中というか発芽準備中の種もけっこういます(出来のいい鉢とそうでないのとがある)。全部が(一定の発芽確率で)出揃うにはあと数日かかりそうです。

種は3つの鉢植え(大きな丸鉢)に直播きです。土ポットの利用も考えましたが、面倒なので直播きにしました。一番気が早いというかいちばん元気なのが二つ芽を出したのが11日目。毎早朝、霧吹きで水を遣り続けて2週間なので、お付き合いにそれなりの我慢が必要な種類の野菜です。

鉢やプランターに新しい土を入れ、全体を平らにならし、底から水が抜けるほどたっぷりと水遣りをします。土全体が湿ったら、丸鉢なら人差指で円形に浅く溝を掘り(ウィンタースポーツのハーフパイプ風の溝)、そこに種を播いていきます。ルッコラなどと比べると発芽率はいい方ではないので、種は多めに播きます。

イタリアンパセリの種は陽の光が好きなので、浅い溝に播いた種を土で薄く、かつ満遍なく覆います。薄く丁寧に土をかぶせ終えたら、霧吹きで水遣りです。

前述のように、種が乾燥しないように、水遣りは毎早朝、霧吹きで丁寧に行います。土の表面全体を湿らせ、種を播いた溝のあたりは、土の濡れ具合を確かめながら慎重に多めに霧を吹きかけます。それを2週間続けるのですが、9日目あたりから、おい何とか返事しろよと文句を言いたい気分になってきますが、我慢です。

直播きから2週間経つと、下の写真のような幸せな風景と出会えます。なお、斜めの影は、カラス除けの園芸棒の影です。

20180606

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

アナウンサーと解説者の声がないプロ野球中継は嬉しい

民放地上波ではとても珍しいことですが、札幌ドームで行われた地元チームの主催試合で、アナウンサーと解説者の音声がカットされた、つまり、実際に球場で試合を見ているのと同じ場内アナウンスや応援などが副音声から聞こえてくるタイプのテレビ中継に遭遇しました。

ぜひその声や説明を聞きたいアナウンサーや解説者はそれほどいるわけではなく、たいていは応援アナウンスと応援解説でうるさいだけなので、こういう選択肢があると助かります。こういう副音声を持ったスポーツ中継がもっとあれば嬉しい。

テレビ画面の試合は現場の緊張を映し出しながら(打たれ始めて汗をかいた投手の表情は、テレビではアップでよくわかるけれど、球場だと普通はわからない)、アナウンサーや解説者の声に邪魔されない分だけ実際に球場にいる感じで淡々と進んでいきます。

こういうタイプの放送が少ないのは人気がないからなのでしょうが、こういう種類の放送なら、言葉の空白をひたすら埋めるために放出される言葉の連続を避けるために視聴者として必要な作業、たとえば、攻守交代のコマーシャル時にわざわざ消音ボタンを押したりするといった作業の必要性も減ってきます。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

「あのう、気は確かですか?」

次のような短い記事がありました。(2018/6/1 共同通信 『・・・』部分)

『除染土、農地造成に再利用』『環境省方針、食用作物除く』

 『環境省は1日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土を、園芸作物などを植える農地の造成にも再利用する方針を決めた。除染土の再利用に関する基本方針に、新たな用途先として追加した。食用作物の農地は想定していない。

 工事中の作業員や周辺住民の被ばく線量が年間1ミリシーベルト以下になるよう、除染土1キログラムに含まれる放射性セシウム濃度を制限。くぼ地をならす作業に1年間継続して関わる場合は除染土1キログラム当たり5千ベクレル以下、1年のうち半年なら8千ベクレル以下とした。除染土は、最終的に厚さ50センチ以上の別の土で覆い、そこに花などを植える。』

「あのう、気は確かですか?」としか言いようがない。見て見ぬふりをする人たちの多くなった福島原発のout-of-control状態は、こういう風にして政策的に(つまり、意思決定プロセスがよくわからないままになし崩し的に、線引きを曖昧にしてごり押しで)、「持続」「拡散」していくもののようです。環境省と農水省は、どこかに忖度せずに、ちゃんと議論をしたのかしらん。

元気な植物の根は驚くほど深く広く伸びていく。自分で花や野菜を栽培するとよく実感できます。今までもそれなりに気を遣ってきましたが、家庭で使う園芸用や野菜栽培用の「土」や「苗」の「選択」が、これからは、とてもやっかいになります。

20180529 
種から育てる夏の葉物野菜と鉢と土

Tm
苗を買ってきて育てるラベンダーと鉢と土

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

ライラックと6月の花嫁、あるいは夏至までの二か月

冬と雪の長い地域に住んでいると、寒さが遠のき昼間の時間が長くなるとそれだけで幸せな気分になってきます。

春から初夏にかけて、気持ちのいい気候を表す言葉にヨーロッパでは「リラ(ライラック)の咲くころ」や「ジューンブライド」がありますが、ぼくは勝手にその二つに昼間がいちばん長くなる「夏至のころ」を付け加えています。

梅雨で鬱陶しい時期は結婚式への出席は遠慮したいものだという感想が共感される地域と違って、雨は降るけれど梅雨のない札幌では、5月と6月が一年の中で最も過ごしやすい。休日の夕方の散歩に最適という意味では7月も加えましょう。

5月は「リラの咲くころ」で朝夕のリラ冷えが心地よい。6月は「ジューンブライド」で湿度が低くて本当に結婚式向きの気候です。夏至に向かう二か月の高揚感は、じめじめした梅雨の地域では想像できないに違いない。

札幌には夏至祭と名付けられたお祭りはありませんが、内容の好き嫌いは別にしてそういう性質のものを探してくると、ひとつは配偶者とぼくが好きな「花フェスタ札幌」(会期は2018年6月23日から7月1日)、もうひとつが、配偶者とぼくが決して近づかないところの(つまり、そういう雰囲気を持ったところの)「YOSAKOIソーラン祭り」(会期は2018年6月6日から6月10日)です。

北欧でも、夏至のお祭りは花と踊り(とお酒)ですが、同じような緯度に暮らす人たちの思いはなんとなく似てくるもののようです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

水遣りという作業

けっこう気を遣うのが葉物野菜の水遣りです。特に種の直播きから発芽までの間は穏やかな水遣りを心がけます。2~3日で芽を出すルッコラも、イタリアンパセリのような種蒔きから発芽まで10日以上はかかる野菜も、種は土を薄くかぶって地中に横たわり発芽の準備をしているので、毎早朝、園芸用の霧吹きで静かに十分な量の水をかけてやります。

以前(2年前ですが)、イタリアンパセリがなかなか発芽しないことにイライラして、その鉢に畝を作り直しそこにルッコラの種を播き、穏やかな水遣りを継続していたらそのうち二種類の明らかに形状の違う葉が伸びてきて、つまりイタリアンパセリとルッコラが同時に芽を出してきて、いささか驚きました(別に驚くことではありませんが)。

20160526
 イタリアンパセリ(尖った葉)と、ルッコラ(丸い葉)

で、それ以来、イタリアンパセリには発芽までも、それ以降も、根気よく水遣りです。イタリアンパセリはいったん大きくなるとどんどんと増えるので、サラダ食材のバイプレーヤーとして活躍します。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »