« ブロッコリーは硬い歯ごたえがあるくらいに蒸すと美味しい | トップページ | 二期作目のルッコラ »

2018年7月20日 (金)

サンマはダメみたいですが、イワシはいっぱい

先週、対面販売の魚売り場に立ち寄ったら、観賞用にはいいかもしれないけれど、実際に焼いたらいったいどこを食べるのだろうというような大きさのサンマが、値段も場所も高級魚扱いで売られていました。食べられる程度に大きいのは築地あたりに運ばれていったのでしょう。だから、「初サンマです、いかがですか?」と言われても反応のしようがありません。「脂ものっていませんが・・」。

サンマが、心地よい海水温を求めて、日本近海というか今までの日本のサンマ漁場から別の場所に移動したのでしょう。

サンマは今のところは今年も不漁でサイズも小さいらしい。一方、イワシは各地で豊漁なのか、売り場に溢れるように並んでいます。サンマの塩焼きのあの味わいを求めるのでなければ、イワシという代替案もあります。魚屋がその場で開いたのも並んでいるので、ニンジンやタマネギ、そして、イワシ料理の香りを整えるタイプの野菜でもあれば、時間をかけずに南蛮漬けが作れます。

いつ頃からサンマは高級魚扱いになっていったのか、以前のブログ記事を読み返していると、2010年8月11日の記事に〈今年の秋刀魚(さんま)と、佐藤春夫の「秋刀魚の歌」〉と題したものがありました。以下は8年前のその記事の一部です。

「今年は秋刀魚が不漁と聞いていましたが、実際に、対面販売の魚売り場に出向いてみると確かにその通りで、売り場のおばさんも季節の華が少ないので残念そうです。値段も不漁を反映してかちょっとびっくりするようなものになっています。去年なら400円前後の大きさでそれなりに脂ののった感じのものが今年は700円。釧路など北海道の秋刀魚は、今のところ、佐藤春夫に自慢できる状況にはないようです。

2週間ほど前に急な用事で出かけた東京でついでに立ち寄ったデパートの地下食品売り場の魚コーナーに丁寧に並べてあった細い秋刀魚の値段が580円。いつもの旬の時期なら200円で買えるはずのサイズです。

『今年で最初、そして今年で最後の秋刀魚かも』といいながら配偶者と僕の晩ご飯のおかずに2尾購入しました。早速その夜塩焼きにして食べたのですが、そして味はそれなりに結構でしたが、値段がしっかりと高級魚なので、このままの値段だと今年は食べる回数がとても減るかもしれません。」

ついでに、佐藤春夫の「秋刀魚の歌」(大正10年10月)を全文引用してみます。人間関係がけっこう込み入った内容の詩ではあります。

 
あはれ
秋風よ
情(こころ)あらば伝へてよ
――男ありて
今日の夕餉(ゆふげ)に ひとり
さんまを食(くら)ひて
思ひにふける と。

さんま、さんま
そが上に青き蜜柑の酸(す)をしたたらせて
さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。
そのならひをあやしみてなつかしみて女は
いくたびか青き蜜柑をもぎて夕餉にむかひけむ。
あはれ、人に捨てられんとする人妻と
妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
愛うすき父を持ちし女の児(こ)は
小さき箸(はし)をあやつりなやみつつ
父ならぬ男にさんまの腸(はら)をくれむと言ふにあらずや。

あはれ
秋風よ
汝(なれ)こそは見つらめ
世のつねならぬかの団欒(まどゐ)を。
いかに
秋風よ
いとせめて
証(あかし)せよ かの一ときの団欒ゆめに非(あら)ずと。

あはれ
秋風よ
情あらば伝へてよ、
夫を失はざりし妻と
父を失はざりし幼児(おさなご)とに伝へてよ
――男ありて
今日の夕餉に ひとり
さんまを食ひて
涙をながす と。

さんま、さんま
さんま苦いか塩つぱいか。
そが上に熱き涙をしたたらせて
さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
あはれ
げにそは問はまほしくをかし。

人気ブログランキングへ

|

« ブロッコリーは硬い歯ごたえがあるくらいに蒸すと美味しい | トップページ | 二期作目のルッコラ »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/73884733

この記事へのトラックバック一覧です: サンマはダメみたいですが、イワシはいっぱい:

« ブロッコリーは硬い歯ごたえがあるくらいに蒸すと美味しい | トップページ | 二期作目のルッコラ »