« タクアンづくりの途中の楽しみ | トップページ | 和傘の曼荼羅美 »

2018年10月19日 (金)

古本の流通と購入

できたら気に入った本は新刊で読みたい。しかし、見込み違いの本を新刊本として買ってしまうということは珍しくはありません。期待していたのに、その読者にとってはとても不満足な内容だった。で、読者からそういう評価をされた本が古本市場に流通し始めます。

あるいは、家庭内の膨大な蔵書が、何らかの理由でその持ち主の手を離れて古本市場に流れ込むということもそれなりの頻度であるのでしょう。偶然買った古本の中に「謹呈 〇〇書店」という短冊が挟まれていたことがあります。その本の出版社が〇〇書店でした。

東京やその近郊にお住いのかたなら神田の古書街をいいのに出合ったら買うかとゆっくり散策するのも、あるいは対象を決めて複数店をせわしなく移動するのもいいかもしれませんが、札幌で手っ取り早く必要な中古本を手に入れるには、インターネット通販です。

北海道大学の周辺には何軒か古本屋はあるし、その一軒である小説の改訂版(昭和21年7月発行、初版は昭和7年2月発行)を買ったこともあります。和紙仕立ての外箱は崩れかけていましたが、本体は終戦直後とは思えないほど紙質がよくて、今でも本文は白くてほとんど経年変化の影響を受けていません。70年代や80年代に買った新刊本でも経年変化で本文がやや薄茶色になっているのがありますが、ずいぶんと紙品質が違います。

中古書籍や中古CD/DVDを得意とする通販サイトにも、書籍の内容価値と稀少価値に応じた値段が付く傾向の強いところと、持ち込まれた本を何十冊もまとめて重量計に載せて「量り買い」をし、そこから売値(転売価格)を何らかの基準ではじき出しているところがあります。ずいぶんとビジネスの性格が違います。

古本を買うのは古本が必要だからそうするわけですが、古本を必要とする理由(というか状況)は、三つありそうです。

ひとつは販売がすでに中止になっていてそれを読もうとすると中古本に頼るしかないような場合、もうひとつは新刊書は簡単に手に入るのだけれど必要な箇所を読み終わったら(参照し終わったら)それでおしまいで、それ以上の役割は期待しない種類の本なのでできるだけ安いのが手に入ればそれに越したことはないというよう場合、そして三つめは、読み捨てではなく読書後も本棚に並ぶことになるタイプの本だけれど、新刊書の値段と比べて納得できる程度に割安で本自体もきれいなら古本で十分に満足という場合、です。

最近、料理本や趣味のムック本や軽い小説や漫画以外のものがまさかあるわけないと思いながら、あるフリーマーケットサイトで本の探索に時間を使っていたら、出品物に偏りはあるのですが、けっこう難しい内容で、「書籍」という用語を使うのがふさわしいような性格の本も少なくないことに気がつきました。ためしに新刊の税込み定価が670円であるところの「伊藤計劃の『ハーモニー』」についての考察を含んだある文庫本を300円で購入してみました。

その文庫本を買ったついでにいろいろ調べてみると、仲介業者の手数料、梱包材料費(プワプワ封筒など)、郵送費用(ないし配達費用)を差し引いて若干の利益を見込むと販売価格は300円以上でないと割に合わないみたいです。販売と出荷のための自己労務費をカバーしようとすると300円という境界線は上方向に動きますが下には動かない。下方硬直性があります。それ以下の値付けだとボランティア活動になってしまう。まあ、それもいいかもしれませんが。

かつて知名度が高かった大手の古本売買チェーンがあります。街の噂によれば持ち込まれた本を二束三文で買いたたくので最近はいい商品が流入しないらしい。古本購入者としての勝手な視点から言えば、そのチェーンにおける品揃えの魅力度は、ぼくが文庫本を買ったフリーマーケットサイトの魅力度に追い越されてしまったみたいです。

人気ブログランキングへ

|

« タクアンづくりの途中の楽しみ | トップページ | 和傘の曼荼羅美 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

情報処理」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古本の流通と購入:

« タクアンづくりの途中の楽しみ | トップページ | 和傘の曼荼羅美 »