« 小豆(あずき)・ささげ・甘納豆 | トップページ | 意外と効果が出ている今回の政府のマーケティング施策 »

2018年11月13日 (火)

日曜の朝のいささか楽しい会話と作業

PCはWindows PCとMacBookProを使い分けています。Windows PCは使用頻度も多く、負荷のかかるような使い方をするので、インクジェットプリンターが4年くらいできれいに壊れるのと同じで、3年半から4年くらいで使い勝手が悪くなって(といっても中古として適正価格で販売できる程度にはいい状態で)、新しいのに買い換えることが多い。世界でいちばん頑健だと思われる日本製のノートブック製品を使っていますが、それでも思わぬところが劣化します。

MacBook Proはけっこう古いのを丁寧に使っていて今までとくに機能障害もなくやってきました。OSのアップデートは選択的に続けてきましたが、パフォーマンスの維持という意味では、あるウィルス対策ソフトウェアとの相性がだんだんと悪くなってきたので、ある時期にそのウィルス防御ソフトの利用を中止したくらいです。ただし、「けっこう古い」マシーンなので、購入時は最高のスペックだったのですが、いかんせん最近のOSはでかいので、メモリがきつきつです。次の大きなOSアップデートには対応できないかもしれません。そういうことを別にすれば、心地よく使い続けてきました。

ところが、この前の日曜の早朝、電源を入れても、うまく立ち上がらない。画面が真っ暗のままで起動画面が現れない。ただし、電源には異常がない模様です。スリープ状態の白いインジケータやCAPS LOCKキーの緑のインジケータは正常に点灯します。

世の中には、こういう症状に対する対応策を自分の経験値の範囲で教えてくれる親切なかたがいらっしゃるので、そういうかたの説明をWindows PCで拝見しながら、故障の原因に当たりをつけます。

どうも、NVRAM(Non-Volatile RAM、不揮発性ランダムアクセスメモリ)に急に異常が発生したらしい。この製品のサポートサイトには「NVRAM または PRAM に記録されている設定情報に関してMacで問題が起きている場合、リセットすれば解決できる可能性があります」という割に最近の解説記事もありました。

こういう場合は、Do-it-yourself でもいのですが、サポートの専門家に電話で相談し、症状の原因の確認と対応策のアドバイスをもらうにしくはない。いちばん早い時間帯の電話サポート予約をしました。MacBook Proのシリアル番号やメールアドレス、電話番号などを予約画面に打ち込みます。

予約時刻に1分の遅れもなくきれいな声の女性から電話がありました。最初に言われたことは、我が家のMacBookは修理対応期間を過ぎているので、かりに故障だということになっても持ち込み修理などはできない、ということでした。これに関しては納得です。

症状を説明すると、それ以外にいろいろと質問もあり、結局、NVRAMをリセットするとどうにかなるかもしれない、やってみましょうということになり、どうすればいいのかを聞くと、黄色の丸で囲んだ4つのキーと電源スイッチの5カ所(OPTIONとCOMMANDとRとPと電源スイッチ)を同時に押してくださいとおっしゃる。うーん、ピアノの上手な人なら大丈夫かもしれないけど、5つを同時にというのはいささか難しいと答えると、では、電源ボタンを押してそれから間髪を入れずに4つのキーを2回起動音が鳴るまでずっと押し続けてくださいとなって、そうしました。ずっとというのはどれくらいですか。15秒から20秒くらいです。

起動音が2回鳴り、画面が戻ってきました。消えている間に入力フィールドに変な文字列を打ち込んだのでしょう、普段は出合わない画面になっていますがどうということもない。あとは大丈夫です。でも、念のために、今回の対応策をまとめたマニュアルのURLをお送りします。どうもありがとう。よければ、今から申し上げるアドレスのほうに送ってほしいのですが。メールが届きました。

ノートブック型のWindows PCで立ち上がらなくなった時にバッテリーを取り出し、放電させてからまたバッテリーを取りつけると正常に動き始めるという方法が有効な場合がありますが、今回のは、おそらく似たような現象でしょう。ぼくの直感だと、あと2年くらいは我が家のMacBook Proは大丈夫です。

なかなか楽しい日曜の朝の会話と回復作業でした。

Macbook_pro_keyboard_power

人気ブログランキングへ

|

« 小豆(あずき)・ささげ・甘納豆 | トップページ | 意外と効果が出ている今回の政府のマーケティング施策 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

情報処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の朝のいささか楽しい会話と作業:

« 小豆(あずき)・ささげ・甘納豆 | トップページ | 意外と効果が出ている今回の政府のマーケティング施策 »