« アップルパイ、原材料はすべて北海道産 | トップページ | 30分ごとに晴れて曇って雪が降る »

2018年11月16日 (金)

梅干しと昆布の佃煮、簡素な贅沢

我が家の朝ごはんの必需品です。梅干しと昆布の佃煮。梅は和歌山の龍神梅。昆布は北海道の羅臼(らうす)昆布。原材料の選択と製造プロセスにそれなりにコストと手間ひまがかかっているので、簡素な贅沢ということにします。

Photo

左が自家製の梅干し、右が出汁を引いた後の昆布で作った佃煮です。今回の佃煮の原材料は知り合いから最近いただいた羅臼の昆布。専門業者の間では塩昆布や佃煮用昆布のデフォは「真昆布」ということになっていますが、我が家の好みは「羅臼昆布」。出汁をとったあとでも濃厚な旨みの佃煮ができあがります。

そのいただき物の羅臼昆布は浜で少し天日干しし、近場の加工場で商品としての体裁を整えただけのものらしく、まだ潮の香りと海塩の味が溢れんばかりです。端を小さく切り取って噛むとそれだけで昆布のおやつです。それと、この梅干しをかつて天日干ししたときの様子を並べてみます。

A_2018_h

Photo_2

北海道は昆布の独占的な産地ですが、北陸や関西の昆布加工業者や全国の消費者への販売に熱心ではあっても、北海道の人たちは昆布を食材としてあまり使わないしあまり食べません。もったいないと思いますが、それも食文化ではあります。

人気ブログランキングへ

|

« アップルパイ、原材料はすべて北海道産 | トップページ | 30分ごとに晴れて曇って雪が降る »

野菜と果物」カテゴリの記事

昆布」カテゴリの記事

漬け物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅干しと昆布の佃煮、簡素な贅沢:

« アップルパイ、原材料はすべて北海道産 | トップページ | 30分ごとに晴れて曇って雪が降る »