« 「ボヘミアン・ラプソディ」と「ローズ」 | トップページ | アイロン雑感 »

2018年11月28日 (水)

段々と内容が悪質になってきた詐欺メール

詐欺メールや、個人のアカウント情報を手に入れるのが目的の怪しげなメールは後を絶ちません。文面に変化はあってもやり口にはとくに変化がないので、見た瞬間に受け取り拒否メール扱いにして削除します。しかし、個人レベルでそうやっていても、相手は疲れを知らないので、迷惑メール排除が日課となります。

インターネットサービスプロバイダーが提供している有料セキュリティサービス付きのメールアドレスを、それなりにしっかりとしたメールソフト上で利用していても状況はたいして変わりません。まあ、しかたない。

以前は、比較的穏やかな内容の詐欺メールが多かったのですが、最近は脅しのニュアンスを感じさせるやや悪質な雰囲気の詐欺メールも届きます。同じ内容のメッセージが、差出人アドレスを変えて定期的に届きます。

下は、MacBookで使っているメールアドレスに、今朝、届いたその詐欺メールです。なお、【註】はぼくのコメント、「以下略」は当該メールアドレスやURLを省略した、という意味です。

From: Apple <以下メールアドレス略、【註】ここが本物と見間違うくらい巧妙にできているのもあります。今回は少し手抜きしたみたいでした。>

Apple をご利用いただきありがとうございますが、私はあなたのApple ID情報の一部が欠落しているか、誤っていることをお知らせしたいと思います、アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、アカウント管理チー ムによってアカウントが停止されています。

注: 私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合、アカウントがロックされます。(【註】全体的に英文和訳風なのですが、ここも日本語が少し変です。)

アカウント検証 <以下URL略、【註】酔っぱらって、あるいは怖いもの見たさでここをクリックするとヤバイ画面が待ち構えています>

なぜこのメールを受け取ったのだろうか?

この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に送信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサービスを継続的にこ利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。

今後ともよろしくお願い致します。

Apple サポートセンター

人気ブログランキングへ

|

« 「ボヘミアン・ラプソディ」と「ローズ」 | トップページ | アイロン雑感 »

情報処理」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 段々と内容が悪質になってきた詐欺メール:

« 「ボヘミアン・ラプソディ」と「ローズ」 | トップページ | アイロン雑感 »