« お節とは別に、ピリ辛の田作り(ごまめ) | トップページ | 眼鏡と音声翻訳アプリ »

2019年1月15日 (火)

2018年度分の最初のタクアン

外は氷点下です。先週末に寒い中を最初の数本を取り出しました。じつにいい香りです。写真はその中ですぐに食べる予定の一本。すぐに食べないその他は酸化防止のため真空パックし冷蔵庫へ。

端のあたりを切って二切れほどをパリパリとゆっくり噛んで今年の味の評価をします。やや甘めの美味しいタクアンに仕上がりました。

去年もそうでしたが、2018年度分(2018年の10月半ばに作業を開始して最初の出来上がりが2019年の1月なので2018年度分)も、有機栽培で小ぶりのダイコンを漬け込むことができました。この深い香りと味わいは自宅の手作りでないとおそらく出ません。

全体的に小ぶりですが、それでも相対的に大きいサイズを漬け込み容器の底側に、相対的に小さいのを上のほうに寝かせてあります。上のほうといってもけっこうな重量の重石がすぐその上に載っているので、取り出すときはそれなりに力が必要です。

2019_ii

人気ブログランキングへ

|

« お節とは別に、ピリ辛の田作り(ごまめ) | トップページ | 眼鏡と音声翻訳アプリ »

野菜と果物」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

発酵」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年度分の最初のタクアン:

« お節とは別に、ピリ辛の田作り(ごまめ) | トップページ | 眼鏡と音声翻訳アプリ »