« 真面目な作りの納豆の原材料欄 | トップページ | ひさしぶりに「コシヒカリ・タイプ」の北海道産米を食べた »

2019年3月18日 (月)

プレゼントに糠床(ぬかどこ)

新婚の女性や、新婚ではない主婦で糠(ぬか)漬けをしたいのだけれど敷居が高い、どこから手を付けていいのかわからないというかたに、糠床をプレゼントすることがときどきあります。プレゼント用糠床(ぬかどこ)の製造責任者は配偶者です。誰にでもプレゼントするわけではありません。

Photo

Photo_2

一番目の写真から開始です。素材は米糠、塩、昆布、鷹の爪、水。二番目の写真の状態まで作業をしたら、ニンジンなどの適当な野菜を捨て漬けし、それを何度か繰り返し、風味や香りが糠床らしく育ってきたら、それをさしあげます。

この容器は蓋付きのガラス製で、糠漬け容器としては最小に近い大きさですが、冷蔵庫の中にスポッと納まる形とサイズなので、糠漬け初心者には重宝だと思います。

けっこう喜ばれます。糠床はその中で乳酸菌や酵母やその他の多様な微生物が生きています、それらが糠漬け特有の風味を生み出します、それらを育てなくてはいけない、だからかき混ぜ作業を適宜忘れないようにというアドバイスも、忘れずに伝えます。そのやり方や野菜の選択に関してときどき電話がかかってきて、配偶者がヘルプデスクをやっているようです。

人気ブログランキングへ

|

« 真面目な作りの納豆の原材料欄 | トップページ | ひさしぶりに「コシヒカリ・タイプ」の北海道産米を食べた »

野菜と果物」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

昆布」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

発酵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレゼントに糠床(ぬかどこ):

« 真面目な作りの納豆の原材料欄 | トップページ | ひさしぶりに「コシヒカリ・タイプ」の北海道産米を食べた »