« 「結局、思想の理解は感性だからね」 | トップページ | 「令和」は「和せ令(し)む」? »

2019年4月17日 (水)

筍(たけのこ)は、今、食べないと

木の芽とは一般的にはいろいろな樹木の新芽のことですが、食べものに関してはこの季節のデフォはサンショウ(山椒)の若芽のことです。筍(たけのこ)が野菜売り場に並ぶ季節が来ると、通常は木の芽もその隣かすぐ近所に配置され、料理好きな消費者に購入されるのを待ちます。

デパ地下の野菜売り場に京都産と熊本産の筍があったので熊本産を購入(写真)。隣に木の芽のプラ鉢植えもいくつか並んでいたので一緒に購入。家できちんとした鉢植えに植え替えて、「木の芽和え」のために夏までおつきあいしてもらいます。

筍は柔らかいところは、たけのこご飯、薄味のシンプルな煮物、木の芽和え、それから硬いところは味噌汁の具に。それで十二分に季節を堪能できます。

Photo_4

人気ブログランキングへ

|

« 「結局、思想の理解は感性だからね」 | トップページ | 「令和」は「和せ令(し)む」? »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

きのこ・筍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「結局、思想の理解は感性だからね」 | トップページ | 「令和」は「和せ令(し)む」? »