« 高血圧に関する、愉快な業界・愉快なコメント・愉快なデータ | トップページ | 春を感じるとき »

2019年4月26日 (金)

梅干し(3年8カ月もの)

食べものについての一般の国語辞典の説明としては、以下に引用するのは簡潔にまとまっています。

〈うめぼし【梅干し】梅の実を塩漬けにし、取り出して日光にさらした食品。6月ころに、赤紫蘇の葉を加えてつけることが多い。〉

下の丸皿に並べてある2個の梅干しは製造完成日が2015年8月2日です。なので、3年8カ月ものの梅干しということになります。

現在、毎日の朝ごはんでこの3年8カ月ものを食べています。梅干しは我が家の朝食では必需品で、この大きさの梅干しならひとり分は1個の半分、配偶者とぼくとで1個を分け合っています。きちんと分けないとクレームがつくので総合的に慎重に梅肉の量を二等分します。自宅の甕(常滑焼)で何年間も常温保存できるように伝統的な濃さの塩分濃度で作ってあるので、それくらいの量でちょうどいい。

20150802-38-b

その3年8カ月ものが出来たのが2015年8月2日。その製造完成日の朝の様子が下の写真です。

20150802-a 

梅干しは、できたら全部自家製にしたいのですが、ときどきは丁寧に作られた市販のものも食べます。自分で梅と赤紫蘇と塩を選んで作っていると、市販のものは出来のいいもの以外は食べる気がしません。そのあたりの梅干し売り場で適当に調達というわけにはいかない。店員の商品説明と違って、きちんと天日干ししていないに違いない梅干しにも出合いました。

梅干しは、名前の通り、梅などの素材の選択以外に、夏の太陽の光を最大限に利用することになるので、天日干しの数日間は、日中平カゴに干したのを夜は赤梅酢に戻して、また翌早朝に並べなおすという作業が続きます。けっこうしんどい作業です。でも、今年も頑張りますか。

人気ブログランキングへ

|

« 高血圧に関する、愉快な業界・愉快なコメント・愉快なデータ | トップページ | 春を感じるとき »

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

漬け物」カテゴリの記事

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高血圧に関する、愉快な業界・愉快なコメント・愉快なデータ | トップページ | 春を感じるとき »