« 春眠暁を覚えず | トップページ | 仏教の二重性、あるいは、生まれながらに「仏教徒」 »

2019年4月23日 (火)

札幌でも桜

近所でいちばん気の早い桜が咲いているのを昨日(4月22日)確認しました。例年、一週間くらいは他よりも先を走るのが好きな桜の樹です。六~七分咲きですね(写真)。朝夕は(日によっては日中も)まだ寒いですが、一部の樹だけでも枝全体がそれなりに桜色に染まると、それなりに春の気分になります。

422

札幌管区気象台の開花宣言用の「ソメイヨシノ」はいつ咲くのかはわかりません。気象台ウェブサイトでは細かい観察データは提供してくれないので。

平成のうちに咲くのか、令和になるのか。ゴールデンウィークに咲きそろうのは間違いなさそうです。まあ、桜はそんなことを気にしているはずもないのですが(実際は気にかけているかもしれない)、地元のテレビ局は「令和になって日本でいちばん最初に桜が咲いたのは札幌でした」みたいな報道映像を撮りたいはずです。だから、札幌気象台の桜には5月1日の開花宣言にタイミングを合わせるようなんとか協力してもらいましょう。

関連記事は「札幌の開花宣言用の桜」。

人気ブログランキングへ

|

« 春眠暁を覚えず | トップページ | 仏教の二重性、あるいは、生まれながらに「仏教徒」 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

木と樹々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春眠暁を覚えず | トップページ | 仏教の二重性、あるいは、生まれながらに「仏教徒」 »